FX MT4にVolumeってあるでしょ? よく分からないのも悔しいから検証します! Volumeの検証 : 打倒! FX! フザけんな!! プロスペクト理論!!
HOME > スポンサー広告 > title - FX MT4にVolumeってあるでしょ? よく分からないのも悔しいから検証します! Volumeの検証HOME > テクニカル > title - FX MT4にVolumeってあるでしょ? よく分からないのも悔しいから検証します! Volumeの検証

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX MT4にVolumeってあるでしょ? よく分からないのも悔しいから検証します! Volumeの検証

上の画像は、Volumeをベースにしたエントリーした5分足の画像です。

(※すみません。この記事、フォーラムに書いた記事の転載なんで画像は載せられません。悪しからず。)

エントリーレートは1.34108です。

昨日の利下げで動きが大きく鈍ることは考えられますが、そこは敢えて無視しています。

他の時間足はダウントレンドでした。

全体の状況としては直近、5分のサポを超えて行き、かつその他の時間軸もダウントレンドを確認してのエントリーになります。

その以外の条件としてVolumeの条件を付加しています。

条件的には単純に

VolumeのEMAが前回の足よりも上がっている事

という条件を付加しました。

結果としては-2P位で切ってしまいましたが、こういう微妙な状況の時に使えるかどうか?と言うのを主眼に置いていましたから、結果にはこだわっていません。

ちなみにVolumeのロジックは簡単で、前回のティックの更新回数が前回より大きければヒストグラムは緑、前回より小さければ赤というだけのロジックです。

これだけのロジックに本当に意味があるのかを考えてみました。

まず、相場参加者の心理として以下の基本的な流れが考えられます。

超強気な参加者をA。
強気な参加者をB。
中立な参加者をC。
弱気な参加者をD
超弱気な参加者をE。

とします。

状況としては、上がるのか下がるのか分からない微妙な段階にあるとします。

これは参加者自体がどちらに行くか分からない、悩んでいる状況のため、売りと買いが拮抗します。

そうなると参加者のほとんどが状況の推移を見たいということでエントリーを控える訳ですから、ティックの更新回数自体も少なくなります。

次に気のAが売りあるいは買いを建てます。

もちろん、建てたポジションの大きさにもよります。

大量の買いや売りを入れれば、ティックの更新回数は少なくても大きく動く場合もあります。

しかし、ポジションの大きさがさほどではない場合、徐々に動き始めるという状況になります。

動き始めた状況を見てBが同方向のポジションを持ちます。

するとティックの更新回数は伸び始めます。

その状況を見てCがポジションを建てます。
そこでティックの更新回数はもっと大きくなります。

次にDが、そして最後にEがという様に順々にポジションを持ちます。

そして、手仕舞いの段階になるとエントリーの段階と同じ順番でポジションをクローズし始めます。

その相場参加者の行動、心理がこのEMAの動きに現れているのではないかと仮定すると、全体としてしっくり来ます。

例えば下の画像。

(※ すみません。この画像も載せられません。いろいろとまずいんですw)

これはある日のAUD/USDの5分足の動きをトレースした画像です。

緑色の矢印が上記の条件に合致している部分、赤色の矢印が失敗している部分です。

私が最も苦手にしているジリ上げの状況です。

但し、この画像は5分足のみをトレースしている物であり、他の時間足は全く気にしていませんので注意が必要です。

これを見ると条件に合致した22回の内、成功が21回、失敗が1回という結果です。

これが高いと見るか低いと見るかはここで言及はしませんが、この結果だけを見ると取捨選択の役に立つのではないか?という感触は得ています。

ちなみに、だからと言って全体の方向を見なくていいですよという訳ではありません。

全体の方向を把握し、その方向に全ての時間軸が合い、かつ参加者の心理状態を表すVolumeのEMAが前回よりも上昇しているという状況の中で使うべきだと思います。

ただ、一つだけ注意が必要なのはレンジの時です。

このテクニカルは、上下関係なくティックの更新回数のみを見ています。

その為、右往左往している時でもティックの更新回数自体は無条件で加算されて行きますから、前回よりEMAが上がっているから乗るという判断には使えません。

使用するとすれば、基本条件は全く同じでそこにVolumeのEMAの状況を付加するという事になると思います。

また、レジサポを超える超えないという部分に関しては全く変わりません。


これを公開するかどうかに関しては今、考えている最中です。

と言うのは思いついたのが、つい先日で検証回数が圧倒的に不足している事が主な理由です。

先日の日記の中で検証作業に協力していただける方を募集しましたが、一名の方だけ、検証に参加していただいており、最終的にはその結果を付き合わせる作業が必要ですので
どの位のスパンをおいて公開できるのかは全くの未定です。

< 追記 >

ちなみに長期の時間軸にセットするのかどうか?は現在までのところ全くの未検証ですのでよろしくお願いします。

未検証ではありますが、予想としては長期の時間軸にこのVolumeを適用するとあまりうまくないかも知れません。

理由としては、前の足が確定し次の足に移行する際、ティックの更新回数は当然、0のリセットされる訳ですからVolumeのEMAが前回より上がっている事という条件を付加すると場合によってはトレードが全くできないという状況が発生し得ます。

それを考えると長期の時間軸にこのロジックを適用するのは非常に懐疑的です。

ちなみに現在(17:16)、0.94649Sを上記のVolumeを付加した条件でAUD/USDをエントリーしホールドしています。

今のところ、+6.7程度で推移しています。



以上、Volumeの検証作業の経過報告でした。

kakutei.jpg






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 
関連記事
ランキング参加中
おきてがみ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 
semina.jpg

無料レポートを差し上げます。詳しくは上記のバナーをクリックを。

スポンサードリンク
免責事項
当サイト上で、掲載されている内容、情報についての正確性、有用性は一切保証しておりません。 また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じた如何なる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。
15分足トレード手法の販売


15分足手法の詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
個別コンサルティングの詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
SOCについての詳細はバナーをクリックして下さい。
更新情報をお知らせします
follow us in feedly
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。