FX トレーダーの仕事? そりゃあなた・・・   待つのが仕事 : 打倒! FX! フザけんな!! プロスペクト理論!!
HOME > スポンサー広告 > title - FX トレーダーの仕事? そりゃあなた・・・   待つのが仕事HOME > トレードする時に必要な知識 > title - FX トレーダーの仕事? そりゃあなた・・・   待つのが仕事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX トレーダーの仕事? そりゃあなた・・・   待つのが仕事


一日の中でどのくらいの時間、モニターの前に座っているかというと早い時は朝の8時くらいから朝の4時くらいまで。

遅い時は16時から朝の3時くらいまで。

平均すれば大体、13~14時間くらいはモニターの前に座ってます。

とは言え、ずっと監視している訳ではなく動画を見たりDVDを見たりでダラダラと過ごしている事が多いと思います。

実際にポジションを持っている時間はこれも平均すれば1時間あるかないか。

もちろん、伸びそうであればホールドして監視はしますが、伸びそうになければサッサと切って、次のチャンスを待つ。

という流れですから実働、1時間か2時間です。

残りの12時間はモニターを見てるだけです。

トレード =  待つのが仕事

です。




実際にはずっとモニターとにらめっこして

「お!そろそろ全部の向きが揃いそう!」

というスタンスでは一つのチャートを見る事はしていませんw


これをやるとどうしても

「揃いそう!」

から

「揃ってくれ!」

になり

「ちょっと怪しいけど揃うだろう!」

となり、挙げ句

「揃った事にしよう!」

でエントリーしてしまう、希望的観測によるバイアスがかかってしまいロクな結果になりません。


なので

「あぁ、揃うかも」

程度でしか見ていません。


前のめりになってしまいすぎると、見ている様で見ていない
という視野狭窄の状態に陥ってしまいます。


視野狭窄というのは要するに

「目が点」

という状態です。

全体を俯瞰して見るというのは簡単の様でいて簡単でないのかも知れませんが、それができる様になると

「エントリーしなければならない!」

という状態から

「エントリーできればいいな」

という状態に移り変わってきます。


自分の目が点になっていると感じたら、一度、物理的にモニターの前から離れてみると見えていなかったモノが見えてくるかも知れません。

kakutei.jpg






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 
関連記事
ランキング参加中
おきてがみ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 
semina.jpg

無料レポートを差し上げます。詳しくは上記のバナーをクリックを。

スポンサードリンク
免責事項
当サイト上で、掲載されている内容、情報についての正確性、有用性は一切保証しておりません。 また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じた如何なる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。
15分足トレード手法の販売


15分足手法の詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
個別コンサルティングの詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
SOCについての詳細はバナーをクリックして下さい。
更新情報をお知らせします
follow us in feedly
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。