FX モニターの前で「戻ってくれ~!」って裸踊りしてる人、これ読みなさい! ストップをイーブンに戻す : 打倒! FX! フザけんな!! プロスペクト理論!!
HOME > スポンサー広告 > title - FX モニターの前で「戻ってくれ~!」って裸踊りしてる人、これ読みなさい! ストップをイーブンに戻すHOME > トレードする時に必要な知識 > title - FX モニターの前で「戻ってくれ~!」って裸踊りしてる人、これ読みなさい! ストップをイーブンに戻す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX モニターの前で「戻ってくれ~!」って裸踊りしてる人、これ読みなさい! ストップをイーブンに戻す

ある方と話をしていて、一定の利益が出た場合、ストップをイーブンに戻しているかどうかを聞いてみると

「戻す場合もあるし、戻さない場合もある」

との事でした。

なんで移動させないか聞いてみたところ

「なんとなく」

だそうです。

なんとなくという理由があるのかどうか知りませんが、なんとなくエントリーしてなんとなく負けてるんだろうなぁという感じがします。

突き詰めて考えて行くと、結局のところ一定の利が出てマイナスになってしまった場合

「また戻って欲しい」

という願望があるんだと思います。

要は

「せっかくプラスになったのに、マイナスになってしまったがまた戻るかも知れないからイーブンに戻さないでおこう」

という発想になっているんだと思います。

ただ、実際にそういう状況になった時にどれだけの確率で元に戻ったか?というのを調べているかと言えば調べている訳ではないと思います。

こういう発想が出てくると、一番怖いのは相場を見る目にバイアスがかかってしまうという部分です。

要は、自分の都合のいいように相場を見てしまう。

テクニカルは終わりだと言っているにも関わらず

「戻るはずだ」

という希望的観測でホールドし結局、損切りで終わってしまう。

ある程度の利が出て逆に戻され始めた場合、そのポイントは手仕舞いを考えるべきであって、決して耐えるべき場所であるとは思いません。

要は戻されると言うのは、なにかしら戻される原因があるはずです。

例えば

「動く時間帯ではない」

例えば

「固いレジサポがある」

等々。

そういう要因がなければエントリーしたポイントさえ間違っていなければ思った方向に伸びて行くはずです。

例えば、5PIPSの利が出たらストップを建値に移動して、後は放っておく。

こうする事で利を追う事に集中できますし最悪、イーブンで終われる訳ですから、ストップをイーブンに動かさないという理由が全く分かりません。

仮に5PIPSの利が出て10回戻されてイーブンで終わったところでその日は10戦0勝10分で終われる訳ですから、なんの問題があるんだろう?と思います。

11戦目に30PIPS取れたとすれば最終的には11戦1勝10分けで文句なしの勝ちになる訳ですから、ストップを建値に動かさないというトレードは一言で言えば



なトレードです。

雑なトレードをしないように気をつけましょう。



kakutei.jpg






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

関連記事
ランキング参加中
おきてがみ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 
semina.jpg

無料レポートを差し上げます。詳しくは上記のバナーをクリックを。

スポンサードリンク
免責事項
当サイト上で、掲載されている内容、情報についての正確性、有用性は一切保証しておりません。 また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じた如何なる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。
15分足トレード手法の販売


15分足手法の詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
個別コンサルティングの詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
SOCについての詳細はバナーをクリックして下さい。
更新情報をお知らせします
follow us in feedly
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。