小動きの時の手仕舞い方法 : 打倒! FX! フザけんな!! プロスペクト理論!!
HOME > スポンサー広告 > title - 小動きの時の手仕舞い方法HOME > 利益確定 > title - 小動きの時の手仕舞い方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小動きの時の手仕舞い方法

トレンドが出た時の手仕舞いというのは比較的、簡単です。

簡単というと語弊がありますが、今で言えば10RGなりを使うとまぁまぁうまく行きます。

問題は小動きの時の手仕舞い方法です。

もちろんエントリーはサインに従うと言うのは言わずもがなではありますが、手仕舞いに関しては結構困ります。

というのはサイン通りにエントリーしてもそれほど伸びずに元に戻ってしまうという状態も結構あったりします。

もちろんエントリーを取捨選択するというのは前提としてという話です。

「伸びると思ったら伸びなかった」

と言う状況は結構あります。

私の場合、これはストップ移動で対処するようにしています。

私の場合、初期ストップは15PIPSです。

これを10PIPS程度の利が出たら、エントリーポイントにストップを移動するようにしています。

なぜ10かというと適当ですw

元々、15PIPSのストップ自体がエントリー直後の急変を避けるためという理由ですから10PIPS動かすというのは、自分的に「まぁ、これくらいの利が出ればOKかな?」という程度ではあります。

10PIPSの利が乗る度にストップを動かしていくというのは、手動でトレーリングストップを行っているのと同じ事です。

ただ、ここで大事になってくるのはメンタル。


例えばドル円100円でLでエントリーした。

ストップを99.85円にセット

100.10円になったので100.00円にストップを移動。

100.20円になったので100.10円にストップを再度、移動。

下げてきてしまって100.10円で手仕舞いした。



ここで

「あそこで手仕舞いすれば20PIPS取れたのに!!」

と思うか、それとも

「10PIPSも取れて良かった」

と思うかです。

もちろん、ほとんどの人が

「あそこで手仕舞いしてれば20PIPS取れたのに!!」

と思うと思います。

私もそうです。

ただ、問題はそこからです。

「10PIPSも取れて良かった」と思う人は大きなトレンドが出た時に大きく抜いていく事ができるのに対して「あそこで手仕舞いしてれば20PIPS取れたのに!!」と思う人は、大きなトレンドを小さな利益で終わってしまう事になります。

もちろん、その為に10RGというモノがある訳ですが、小動きの時には10RGであろうがなんであろうが、クロスしたら損で終わったという局面は避けられません。

であれば、単純に

初期ストップ 15。

10の利が出ればストップをエントリー値に移動。

更に10の利が出ればエントリー値+10に移動。

とやっていった方が大きなトレンドが出た時に取り逃がさなくても済み且つ損切りの憂き目に遭う事が少なくて済むと思います。


ちなみにエントリー後、10PIPSの利が出ずに戻り始めたらどうするか?です。

初期ストップまで耐えるかどうかという事になりますが、私の場合、

「ダメだ、こりゃ」

と思えば切る様にしてます。

「ダメだ、こりゃ」

と思う根拠ですが、1分足をよく見ています。

伸びて行く時というのは1分足の動きが止まっても逆の方に大きく動かない場合がほとんどです。

「逆に動かない」と思えば、少々、含み損を抱えても耐えますし「割と逆方向に大きく動くな」と思えば2,3PIPSでも切ってしまう事がほとんどだと思います。

この辺は感覚的なところもあるのでなかなか、説明がしづらいところではありますが、雰囲気というのはあると思います。

「上かな?」

と思ってエントリーしたのはいいけれど、2,3PISPの利が出たり含み損になってみたりで思うように伸びない。

こういう状況はよくありますが、その時にはあっさり切った方がいい状況になる事が多いと思います。

要は「サインに従ってエントリーする」という事は「大きく伸びるだろう」という目算の元でエントリーする訳で伸びないという事はその目算が外れている訳ですから、一度、撤退した方が無難という事になると思います。


ちなみにこれがベストという様な方法があったら私が教えて欲しいですw


< 追記 >

要は「どう動くか分からないものを相手にして予想するなんて愚の骨頂」という事になると思います。

「絶対、ここまで伸びるはずだ!」と思ってもそこまで伸びない事も日常茶飯事ですし、逆に「絶対、ここで終わりだ」と思ってもアッサリ抜けて行く事もまた同じです。

当たりもしない予想という名の「当て物」をやるくらないなら
、何かしらのテクニカルに頼るか、それとも機械的にやるか、若しくはその両方に頼るかのいずれかにならざるを得ないのではないかと思います。


まぁ、あくまで私見ですから「それは違う!」という人がいらっしゃったらご意見をどうぞ(笑)






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 
関連記事
ランキング参加中
おきてがみ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 
semina.jpg

無料レポートを差し上げます。詳しくは上記のバナーをクリックを。

スポンサードリンク
免責事項
当サイト上で、掲載されている内容、情報についての正確性、有用性は一切保証しておりません。 また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じた如何なる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。
15分足トレード手法の販売


15分足手法の詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
個別コンサルティングの詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
SOCについての詳細はバナーをクリックして下さい。
更新情報をお知らせします
follow us in feedly
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。