昨日のトレード結果 (1/11)・逆指値について : 打倒! FX! フザけんな!! プロスペクト理論!!
HOME > スポンサー広告 > title - 昨日のトレード結果 (1/11)・逆指値についてHOME > 5分足手法での取引結果 > title - 昨日のトレード結果 (1/11)・逆指値について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のトレード結果 (1/11)・逆指値について

昨日のトレード結果です。
ユロドルです。
チャートはありません。


1 1.32690L(16:23)  1.32690(16:44) ±0P
2 1.32841L(22:16)  1.33599(16:44) +75.8P

計 +75.8P



< 1戦目 >

エントリー時点の最高値付近でのエントリーとなりました。
サインは問題なく出ていましたが、少々、高値を越せるかどうかが不安でしたが案の定、越せずにそのままズルズルと下落。結局、一瞬戻したところで切りました。


< 2戦目 >

高値と安値の間を行ったり来たりで正にTheレンジという局面でした。
どちらに行くか分からずで待っているのも辛いという事で逆指値を上下に入れて放置。
気がついたら上にささってました。

途中、MT4が止まっているのに気がつかずボ~ッと見てました(苦笑)

逆指値はたまに使いますがこれは諸刃の剣です。

上下に逆指値を入れていて両方にささってしまうという事も当然の事ながらある訳で、そうなると両建てで両方と
も含み損を抱えるなんて事にもなりかねませんの注意が必要です。

有効かどうかは若干、疑問符がつきますが経済指標の発表の際には逆指値を上下に入れておくというのは一つの手
だと思います。

特にポンドル。

ポンドルの場合、指標発表の際に上下に振ってから方向が決まるという事はほとんどなく一方方向に動く事がほと
んどです。

その為、上下に逆指値作戦が有効に機能する場面が多いと思います。

逆に絶対にこの手を使ってはいけないのはアメリカの雇用統計。

この雇用統計は完全にギャンブルで必ずと言っていいほど上下に大きく振りますから逆指値を上下に入れてなんて
事をすると軽く死ねます。


ちなみに昨日のトレードでは、ほぼリアルタイムでツイッターで呟いてみましたが結構大変です(苦笑)
興味のある人はフォローしてみて下さい。
IDは@socmaster3です。

今週もお疲れ様でした。





おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

関連記事
ランキング参加中
おきてがみ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 
semina.jpg

無料レポートを差し上げます。詳しくは上記のバナーをクリックを。

スポンサードリンク
免責事項
当サイト上で、掲載されている内容、情報についての正確性、有用性は一切保証しておりません。 また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じた如何なる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。
15分足トレード手法の販売


15分足手法の詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
個別コンサルティングの詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
SOCについての詳細はバナーをクリックして下さい。
更新情報をお知らせします
follow us in feedly
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。