FX メンタル強化法 その1 : 打倒! FX! フザけんな!! プロスペクト理論!!
HOME > スポンサー広告 > title - FX メンタル強化法 その1HOME > メンタル > title - FX メンタル強化法 その1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX メンタル強化法 その1

SOCのフォーラムの中で今、メンタルの強化について色々と議論されています。
その中の一部を公開します。

為替で勝つためには手法、メンタル、資金管理という3本の柱があります。
この中のどれが欠けても勝者になる事は難しい訳ですが、中でもメンタルは全ての柱に優先する最も大事なものです。

しかし、いざ「メンタル強化」と言ってもなかなか難しいものがありますが、その一端をご紹介しようと思います。

公開する内容は私の一番弟子でもあるpuchikoさんが主催しているトピックの中からの抜粋です。
puchikoさんは当初、出会った時に比べるとメンタル的にも非常に強くなっていますが彼女がどうやってメンタル強化
していったのかという一端が垣間見えると思います。

尚、puchikoさんと各メンバーとのやり取りもそのまま掲載しています。



----------- 転載ここから  -------------------
puchikoさん

奥義って大げさですが(笑)。


トレードのメンタルを強化するのは、実はすごく簡単です。

失敗するメンタルの仕組み

①とらわれる (執着する)

②ゆらぎ (動揺する)

③判断を間違う


こういう順番です。

①のとらわれ は みんなFXで勝ちたい と思ってます。これ自体が既にとらわれ状態です。

特にSOCに入るために高額を支払っていると、早くFXで勝って元を取って、さらに大儲けして、ついでにうっ
とうしい会社なんて辞めて・・・・と、夢が広がります(笑)。

頑張れば頑張るほど、FXで勝ちたいという執着が生まれています。


②のゆらぎは、 せっかく大もうけしようとSOCに入ったのに1ヶ月たっても結果が出ない自分には向いてなか
ったのだろうか? とか


今日は残業で遅くなった、もうトレンドが終っている・・あぁなんて運がないんだ とか①が満たされないことに
より、たくさんの動揺が心の中で起きています。


①、② と順番が進むと、判断を間違えます。

いわゆる認知の歪みが生じる。

入るべきところは見送り、入ってはいけないところで入り、切るべきところを切らずに、出るべきところを出ず、
持つところを出てしまうという、後からチャート見れば、なんでこんなことやってるんだ!って思うような行動を
とります。

認知の歪みがどんなものか、恋愛で例えてみたいと思います。

SOCは男性の方が多いので・・・好きな彼女 という設定にしたいと思います。


ずっと好きで、やっとの思いでめでたく付き合うことになった彼女がいたとします。

とても幸せで、全てが明るく楽しく思えます。

なのに、突然彼女から「他に気になる人ができたの。ごめんなさい、別れたいの。」 と言われる。


・・・・・そんな、なんで! ってなりますよね。


そこで、何とかやり直そうと、努力を始めます。

彼女が欲しがってたモノをプレゼントしたり、行きたいと言っていたところに連れて行く。

努力すればするほど、彼女に執着します。

ある日、街で偶然彼女が別の男性といるところを目撃します。

彼女は楽しそうにその男性と笑っています。

「あいつか・・・」 と思います。


と、どこにでもありそーなエピソードを作ってみました。


まず、彼は彼女に①とらわれ(執着している)、別れを切り出され②ゆらぎ(動揺)しています。
努力すればするほど、①の状態を強化し、②も強化されることになります。

街で彼女と一緒にいたのは、実は彼女の先輩で、彼女が言い出した別の男性とは違います。


でも、①、②の状態だと冷静な判断が出来ず、思い違いをします。

これが認知の歪みです。

もし、これが 彼女でもなく、単なる知り合いレベルの女性だったら、当然街で偶然彼女と別の男性を見かけても

パニックになったりしません。




Aさん


とらわれている意識はないのですが、潜在的にはありそうです。

②の、「もうトレンドが終っている・・」というのはよく思ってしまってます・・・
これは注意せねば。

相場は相場の都合でしか動かないから、各人の都合なんか知ったこっちゃない・・・と思い出すようにしています。


puchikoさん

FXはメンタルスポーツだと思います。

一瞬であらゆる情報を判断し、適切に行動しなければいけません。

来たボールがストライクなのかボールなのか?

ストレート?カーブ?フォーク?

外角高め?低め?

これを一瞬で動けるためには、③の状態では間違うんだと思います。

長島さんが「ボールがきたから打つ」「止まってみえる」という名言はゾーン状態なんだと思います。

囚われがないんだと思います。


囚われのない、視野の広い行動をとるためには、どうすればいいかというのは、結局①に帰結します。

以上は3冊程読み込んだ「ゾーン」の本からです。

ゾーンは基本、スポーツで思うような結果を出すためにはどういう精神状態でいればいいかが書いてあるんですが
、FXもほぼ同じだと思います。


前回の冬季オリンピックで、真央ちゃんが銀メダル、ヨナが金メダルなのは、「金メダル」に囚われて、揺らいだ
(ヨナ)がその前シーズンから急激に成績を上げ、真央ちゃんに追いつき追い越したという現実があった)んだと
思います。

その点、ヨナはオリンピックでそのシーズンベストを出すという神業ww。

フィギュアスケートって、揺らぎがすぐにジャンプ失敗とかに結びつくので、結構勉強になりますww。



puchikoさん


去年の8月だっけ?
月間1000Pを始めて達成したんですが・・

去年の1月に15分足トレードを購入して、その後何度か質問のメールを師匠とやり取りしました。

15分足で全然勝てない私に、師匠も色々と考えてくださり(多分、その当時最も細かく、かつしつこく質問してた(笑))

RVIのインジケータを追加したら?という話になった。

その後ポンドルの動きが少なく、15分ではやりづらい。

今日は5分でトレードしてましたwと師匠がおっしゃるので5分ってどうやるんですか?という流れになり・・

今度はエントリーは出来ても、利確が決定的に遅いか早いか・・

そこでこれまたドラえもんのように、ポケットを漁り、遂に「RGY」が出てきました。

・・・・・今思えば、本当に、単なるのび太です(笑)。

5分、RGYがハマリ、1000P達成となりました。

今思えばすごーくトレンドがわかりやすい、いい月だったと思います。



さて・・・



SOCやります、ぷちこさんも検証人としてサポートしてあげて下さい。

と、ある日師匠から突然頼まれます。



突然、のび太が、人前でお手本みたいな役柄をやることになりました。


突然ブレイクした芸人のように、本当の実力なんてまだ全然ないんですよ。


でも、

ちゃんとやらなきゃ、師匠に申し訳ない。

ちゃんとやらなきゃ、入会された方に申し訳ない。


検証人が複数いれば良かったんですが、責任と重圧が一気に襲いました。


去年の8月に、たしか

「勝とうと思ったら負ける」という精神状態を確かに分かっていたんですが。


「勝ちたい」 どころじゃなく 「勝たなきゃ」になりました。

金メダルの期待を背負った真央ちゃん・・ではなくスケート半年歴のド素人って感じです。


すっごくおかしくなりました。

「勝たなきゃ」という囚われが、1戦負けると「取り返さなきゃ」「とにかく今日トータルで+に持って行かない
と・・」という揺らぎを生み、「1日プラスに持っていければいい」という結果を追求しだし、レンジでサインが出
るたび入ったり・・など、バカなトレードを沢山したと思います。


とにかく9月以降つらかったです。


でも、ちょっとづつですが、

「ま、いいや、なんでも・・」

「他人にどー思われようと、気にもならないし・・」


そして、とにかく「ルールさえ守れば、たとえ1敗しても顔向けできない、なんてことはないなw」と思える
ようになりました。

そして、投資行動を取る一瞬に「これは欲深いからの行動じゃないか?」と躊躇うことも覚え、結果的に前のめり
からは卒業しつつあります。

そういう意味では、私ほどメンタル強化が必要だった人間はいないかも知れません。


私も師匠と、やり取りしてるだけの時はどらえもん と のび太 の関係なので今日も負けましたww((>_<)  
とか平気で言えたし、気楽だったんです。


だって、最低レベルからスタートしてるから、ダメでもともと勝てば、私ってばちょっと前進!? でしたから。

SOCが始まって、皆さんのトレードを拝見すると、私みたいに-80Pで6時間位 どーしよー と耐えてるバカは全
然いないし、みんな結構冷静。

私よりずっとずっと知識も経験も上で、自分がいかにひどいトレーダーだったかを初めて知ります。


私、大学の時に吹奏楽部だったんですが・・・

吹奏楽部がなくて、創部した最初の5人のうちの一人でした。

また合奏が楽しめたらいいな、だったのに・・・

部員を集めるため、他大学からも高校の吹奏楽部仲間を沢山呼んで来たんです。
やっぱり30~40人は必要ですから。


5人のうちの、4人がなぜか・・・
全国大会金賞レベルのバンド出身者ばかりです。

私だけ、京都大会予選落ちレベルです。

楽しめたらいいや、という吹奏楽部ではなく大学で全国大会を目指す というバンドになりました。


なのに、なぜか、 フルートは私一人しかいなくて・・

フルートってソロ多いんですよ。。


で、いっつも出来ないから練習は私のところで指揮者が止めるし・・・

演奏会なんて、かなり恐怖でした。

今はなぜ、あんな状態になるのかわかりますが、「絶対にミスは許されない」と、囚われ本番ということで、観客
とか見ると、動揺するんですよね。。

まぁ、決定的演奏が止まるなんてことはなかったけど、結局3年位で練習に行かなくなりました。


ま、大学が遠かったのと、授業が減って、大学自体に行く必要性がなくなってしまったというのがありますが・・

それにFXほど、自ら望んだ世界じゃなかったんです。

高校で、友達にしつこく誘われて、じゃあ・・みたいな感じで入って・・

大学でも、たまたま元吹奏楽部ということで、人数必要なので頼まれて・・


まぁ、FXは初めて自分が一生向きあおうと思える程の情熱が沸いたので良かったです。


話が途中からおかしくなりましたが・・

囚われ、揺らぎ が 結構人生の中で邪魔してくれた
なぁと思えるエピソードでしたww。



Eさん

色々な場面でとらわれとゆらぎが影響してるんですねー
あまり意識したことがないのでとても参考になります。

SCOを作ってくれたのは師匠ですが、
師匠のポケットからアイテムを取り出したのはぷちこさんですね★

SOCでFXの勉強が出来るのは師匠とぷちこさんのおかげでです。
とても感謝しています。




Mさん

うーん。勝ち負けにとらわれて、勝てなくなった話。
そしてそこから抜け出す話。
すごく参考になります。うなってしまいました。

実体験を聞かせて頂き、勇気が湧いてきますね。
ありがとうございます。



puchikoさん

いえいえ、私なんて本当に何もしてないです・・・!
全部師匠のお陰ですよww。

検証人になって、プレッシャーを感じたのは確かですが、
だからこそ、感情のまま行動して失敗していたのが
何故か見つめなおす機会になったと思っています。



Aさん

こんばんは。

「囚われ」の状態がいかに心理に影響するか、非常にわかりやすい例でありがとうございます。

確かに「こうじゃなきゃ」と思うとうまくいかないことは多々あり、逆に「まぁいいや~」と思っているほうがう
まくいくことが多いですね。

フィギュアスケートのお話を伺って、ゴルフを思い出しました。
いずれにしても「やらなきゃ」という意識は持たないように心がけます。

理想的には車の運転の状態が、私にとって一番のような気がします。
意識しなくても、走る、曲がる、とまる、に関連する動作が自然と出る状態。
そのためにはやはり染み付くまで練習ですね。

・・・仮免長いなぁw



puchikoさん


よく例えに出しますが、フィギュアスケートで、始めにショートプログラムがあります。
この最初のジャンプが決まる、決まらないでその後の演技に大きく影響します。


よく師匠が初戦は勝ちにこだわる、というのは同じことかと・・


FXのいいところは、フィギュアの選手と違って順位にこだわらなくていいとこだと思います。

あえて難易度の高いジャンプを獲らなくても、無難に獲れるところで少しでも獲れたらその日気分よくスタート出
来ます。

でも、負けてもいいと思うんです。

とにかく、今の実力で1日いいトレードの行動が出来たなら買っても負けてもノートレードでもいいんじゃないかと
思います。

ベストを尽くすっていうか。。

荒川静香がトリノで金を獲った時、多分彼女はメダル争いをやってなかった。

だから点数に不利なイナバウアー入れ、自分らしいスケートを全力でやった。

他のメダル候補はメダルに囚われていたため、自滅しました。


体操の内村くんやヨナのように、獲りに行って獲れる人は本当に王者、女王だと思うけど、そんな実力が全然ない
私はとにかく荒川静香のように、自分が今出来る最善を尽くす、


人と比べないというのをモットーにやっていきたいと思いますww。

Aさんの車の運転の例えは、すごくいいと思います。

頭で考えずに、自然に動けるのは経験が貯まって潜在意識がコントロールしてくれてるから・・

相場も経験が絶対必要だと思います。

は!・・・書いてて今気付いたけど、私結構短気で・・・

遅い車とかいると、絶対抜かしちゃう・・

FXも車の運転も感情的になっちゃだめですよねww。



----------------- 転載 ここまで ------------------

ここまでの部分で最もポイントになる部分が分かりますか?

「勝つと思うな。思えば負けよ」


美空ひばりの歌ではありませんが、正に「勝とう!勝たなければいけない!」という囚われを持つ事が負けるとい
う現象の一番大きな原因になっているという事です。

puchikoさんがある日、「どうでもいいや」「人にどう思われてもいい」と思い「ルールさえ守っていればなにも恥
ずかしい事はない」と開き直る事で調子を取り戻していく過程がよく分かると思います。



明日に続きます。

< スポンサーリンク>

レイチェルボリンジャー




 



kakutei.jpg




コメントは受け付けておりません。

お問い合わせはskyp93166271@yahoo.co.jpまでお願いします。

おきてがみ

follow us in feedly

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事
ランキング参加中
おきてがみ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 
semina.jpg

無料レポートを差し上げます。詳しくは上記のバナーをクリックを。

スポンサードリンク
免責事項
当サイト上で、掲載されている内容、情報についての正確性、有用性は一切保証しておりません。 また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じた如何なる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。
15分足トレード手法の販売


15分足手法の詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
個別コンサルティングの詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
SOCについての詳細はバナーをクリックして下さい。
更新情報をお知らせします
follow us in feedly
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。