FX どこで利益確定していいか分からない?だったらこの記事読め! 利益確定について : 打倒! FX! フザけんな!! プロスペクト理論!!
HOME > スポンサー広告 > title - FX どこで利益確定していいか分からない?だったらこの記事読め! 利益確定についてHOME > 利益確定 > title - FX どこで利益確定していいか分からない?だったらこの記事読め! 利益確定について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX どこで利益確定していいか分からない?だったらこの記事読め! 利益確定について

本記事は過去の記事に加筆・修正した記事です。


利益確定が難しいという話です。


確かにエントリーに比べると利益確定はその何倍も難しいと思います。
理由は簡単で「そのトレンドがどこまで続くか分からない」からです。

中には相場の勢いを見る為のインジケータもありますが、それとて後で見れば「なるほど」という様に納得はできますが、リアルタイムで見ていると非常に難しく感じます。



小さな急騰、急落も教えてくれて且つ長く続くトレンドも教えてくれるという様なインジケータがあればいいんですが、ついぞ見た事がありませんしないかも知れないモノを探し回るよりもあるもので何とかしてみようと思います(笑)


で、利益確定の事について書いてみます。


今回はインジケータを使わない利益確定の方法です。


利益確定の際のチャートの見方を知らない方が意外と多いのにビックリしたりします。


このブログでも以前、UPしましたがチャートの方向を見る時は長い足から順に短い足を見ていきます。

日足 → 4時間足 → 1時間足 → 30分足 → 15分 →  5分 → 1分

という具合です。



利益確定の際は逆に見ていきます。

1分 → 5分 → 15分 →  30分 →  1時間 →  4時間 → 日足

という具合です。
これをバラバラに見ていくと訳が分からなくなりますから注意して下さい。



一つの例を挙げてみます。

画像は先週の金曜日、5/20の11時48分に発生した小さなトレンドの際の画像になります。
小さなと言っても120PIPS程度のトレンドですから説明するには十分です。

上記でインジケータを使わないと書きましたので画像には10EMAと20EMAしか引いてありません。


また各時間足にスタートとエンドと書いてありますが同じ時間を15分、5分、1分という形で表示しているだけでスタートとエンドの時間はほぼ同じです。

で、移動平均線を使った利益確定をする際に一つだけルールを設けます。



そのルールは

「移動平均線の20EMAを超えたタイミングで次の時間足を見る」

というルールです。


これは厳守です。

また、エントリーはLでできてる事とエントリー後、自分の思った方向に値が伸びて行ったと仮定します。


その次にやる事は、まず1分足を表示して下さい。

1分足


1分足は1画面に入りきらなかったのでサムネイルで表示し、且つローソク足の幅を狭くしてありますので醜いかも知れませんがご勘弁を。


5/20の23時48分にトレンドがスタートし24時39分まで上昇を続けます。
その後、一息つく形で下降を開始、24時53分に最初に設定した条件である20EMAを終値で超えて行きました。


ここで焦って利確する人もいるでしょうが、大きく上がった様に見えても所詮は1分足です。39PIPSの利益にしかなりません。



で、このタイミングで5分足を表示します。

5分足


1分足が下がってきていますから、当然、5分足も下がってきています。
ただ、最初に設定した条件である20EMAを超えて終わっていないですから、まだホールドします。
結局、20EMAを割ることなく1時12分に再度、上昇を開始します。


で、次に何をやるかです。

また、1分足を表示しウォッチします。

1分足はその後順調に上昇を続け、1時41分に上昇を終了し下降を開始。1時47分に20EMAを超えて来ます。


さて、次です。

利確しますか?

ではなくて、5分足を再度、表示します。

先ほどと同じように1分足が下がってますから当然、5分足も下がり初めていますが、それでも10EMAにサポートされ20EMAまではタッチすらしていません。

そして、2時8分に再度、上昇を開始します。
元のトレンドに戻りましたから、また1分足を表示します。忙しいですね(苦笑)


上昇を続けたレートが2時46分にヒゲの先端で1.6303をつけ再度、下降を始めます。
そして2時56分に20EMAを超えてきます。


ここで5分足を再度、表示します。


すると上昇を続けていたレートが3時20分に5分足の10EMAを超えてきます。
それでもまだ、20EMAは超えて来ていませんからホールドです。

10EMAにタッチしても戻らずそのまま値を下げていき、20EMAにタッチします。
そこで思い出したように再度、上昇を開始しますがそれも尻すぼみ、結局、4時4分に5分足の20EMAを割ってきます。


条件に合致しましたから15分足を表示します。

15分足


その段階ではまだ15分足は10EMAにタッチした位の状態です。
しかし、結局、そのまま下がり続け4時45分に20EMAを割ってしまいました。

そして、ここで初めて利確です。

最初に上昇を開始してから約5時間。
15分足のヒゲの先端で利確したとして、36PIPS取れた事になります。


120PIPSの内の36ですから「粘った割には益が少ない」という風に思われるかも知れませんが、これは利益確定の方法を書く為にルールを設定している為で実際には様々なインジケータを利用してベストなタイミングを探っていくという事になります。


ただ、憶えて頂きたいのはインジケータを使わなくても簡単な移動平均線だけでも利確はできるという事を憶えて下さい。


インジケータは利確に関してはあくまで補助として使うモノでありメインに据えてしまっては不都合が出る事もあったりします。


多くの方は「1分足が下がりだした。やばい!利確しなきゃ!」という形を取ってしまいます。
折角、それから100PIPSも伸びていくトレンドを10PIPSで利確してしまうというような事になってしまうのは、一つの時間足で利確しようとするからだという事を憶えて頂ければと思います。


トレンドを判断する時は長い時間足から、利確をする時は短い足から見ていく。


これが基本中の基本です。


そして、これを15分足以上の足に適用していく事で発生したトレンドを極限まで追いかけて行く事ができるという方法でもある事を追記しておきます。


20時間も30時間もチャートを見てられませんから私はやりませんが(笑)







< スポンサーリンク>

レイチェルボリンジャー




 



kakutei.jpg




コメントは受け付けておりません。

お問い合わせはskyp93166271@yahoo.co.jpまでお願いします。

おきてがみ

follow us in feedly

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
 
関連記事
ランキング参加中
おきてがみ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 
semina.jpg

無料レポートを差し上げます。詳しくは上記のバナーをクリックを。

スポンサードリンク
免責事項
当サイト上で、掲載されている内容、情報についての正確性、有用性は一切保証しておりません。 また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じた如何なる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。
15分足トレード手法の販売


15分足手法の詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
個別コンサルティングの詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
SOCについての詳細はバナーをクリックして下さい。
更新情報をお知らせします
follow us in feedly
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。