FX 早仕掛けをしないための方策? : 打倒! FX! フザけんな!! プロスペクト理論!!
HOME > スポンサー広告 > title - FX 早仕掛けをしないための方策?HOME > エントリー > title - FX 早仕掛けをしないための方策?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX 早仕掛けをしないための方策?

ある人から質問のメールをもらいました。

「サインが発生する前にエントリーすることが多く、サインを待つというのができない」

という内容です。

いわゆる早仕掛けというものですが、防ぐ方法があるのか?という事を書いてみます。また、この質問の答え以外にかなりきつい事を書いてます。







 トレードに負ける理由は大別すれば4つしかない 



元々、トレードに負ける理由は大別すれば4つしかありません。

それは

早仕掛け 

早仕舞い

遅仕掛け

遅仕舞い

この4つです。

この4つが単独で現れるのではなくいろいろな組み合わせで負けてしまいます。

ある時は、早仕掛けで入り遅仕舞いで負ける。

ある時は、早仕掛けで入り早仕舞いで負ける。

ある時は、遅仕掛けで入り早仕舞いで負ける。

等々。

もちろん、その時の相場の地合というものによっては、どこで入っても勝てる地合もあるでしょうし、どこで入っても負けるという地合もあると思います。

ただ、早仕掛けをしてしまう人という人の考えは、よく分かります。要は

「初動の初動の初動に乗りたい」

という思いが強すぎ、まだサインが出てもいないのに「見込み」でエントリーしているという事です。

この見込みというのは、ある意味、私が自分自身に戒めている「予想しない」という事に繋がってきます。

要は「サインが出るまでひたすら待つ」という事ができずに「サインが出るだろう」でポジションを持ってしまうから、こういう状況が発生するんだと思います。

以前、トレーダーの仕事は待つことが仕事だと書いたと思いますが、正にこれができていないと言うことなんだろうと思います。

要はスケベ心でトレードしているという事になりますが、このスケベ心でトレードすると勝っても負けてもいい事はありません。

というのは、あくまでサインが揃うことを前提にしてトレードしようとしているにも関わらず「揃う前だけど、ここで思った方向に行ってくれればラッキー」という様な感覚でトレードするのであれば、これはトレードではなくバクチです。

そして、負けてしまえば自己嫌悪ですみますが逆に勝ってしまうと、返ってまずいことになります。

それは「サインを待たずにトレードして勝ったんだから次も勝てるだろう」という刷り込みができてしまい、結局、サインなんて物はあってなきが如しという事になります。

では、これを解決する方法があるのか?を考えてみます。



 早仕掛けを治療する方法 



この早仕掛けを治療するというのは、実は非常に簡単です。その方法は待つことです。

「なんだそりゃ?待てないから苦労してるんじゃないか」

という声が聞こえますが、それでも待つことしかありません。

実際の問題として「待つ」というのはかなり辛い事であるのは間違いありません。

特にサラリーマンの方の様にトレードする時間が限られている方の場合、どうしても見切りでエントリーしてしまい失敗するという場面が多いと思います。

ただ、これによく効く特効薬というのはありません。

待つというのはあくまでメンタルの部分になってきますし、手法が云々というだけではない部分が大きいからです。

極論ではありますが、私は為替に勝つ為には手法はどんなものでもいいと思っています。

手法云々よりもむしろ

「その手法のルールに合致する局面になるまで待つ」

ということの方がよほど大事だと思っています。


 待てないならトレードをやめた方がいい 




非常にきつい言い方になりますが、待てないんだったらトレードから足を洗った方がいいと私は思います。

そもそも

「待てないんですけどどうしたらいいですか?」

と質問されたら

「待てる待てないの問題ではなく待ちましょう」

としか言いようがありません。待つというのは、よく書くように道を歩いていて信号が青になるのを待つこととなんら変わりがありません。



 自分に取ってトレードとはなんなのかを考える 




それはできるけど、トレードでは待てないというのは自分に取ってトレードが大事な物ではないからです。

トレードで生計を立てている人間は、待つという行為自体が生活を維持するための一つの手段でもあります。

ですが、他に仕事を持っている兼業の場合、別にそのトレードが自分の生活を左右する訳ではありませんから「待たなくても勝てればラッキー」くらいの気持ちがあるのではないか?と思ってみたりもします。

トレードで生活を維持しなくても「会社に行けば給料もらえるし」という甘えがあったりするのではないかと思います。

別にそれが悪いことだとは思いませんし、私もかつては兼業トレーダーでしたから気持ちは分かりますし同じ経験をしています。


ただ、もっときつい言い方をするならば

「待てないんだけどどうしたらいいですか?」という質問をしてくること自体が甘えだし、さっさとトレードをやめた方がいいと思います。


誰にどう聞いても「待てないんですけど」と言われたら「待てないんじゃなくて待てよ」という答えになると思いますが、どうなんでしょうか?



 金を稼ぐ大変さを身に染みて分かっている人達 



私はSOCというグループを主催していますが今まで数人、専業としてトレードを始めたメンバーがいます。面白い事にこの全員が自営業です。

自営をやりながらトレードもやるという形を専業と言っていいかどうかは疑問が残りますが、彼らは全員、「金を稼ぐことの大変さ」を身に染みて分かっている人達です。

自営の内容は、様々ですが全員が全員とも「もし今の仕事に陰りが出たときの為にもう一つの収入の柱を作りたい」という考えでSOCに入り、それこそ夜も寝ないでトレードをしていた人達です。

彼らが特殊だというつもりは全くありません。

兼業であれ専業であれ「FXが自分に取ってなんなのか?」という事を突き詰めて考えるべきだと私は思います。

「収入の柱にしたいと思っているのか?」「FXの世界で生きて行きたいと思っているのか?」

それとも

「ちょっとした副収入になればいい」

と考えているのかによってFXに対する立ち位置も変わってくると思います。


もし、自分に取って収入の柱にしようというスタンスで考えるのであればそれこそ死ぬほど努力するべきです。

大体、世界で一番厳しい市場と言われる世界に足を突っ込んでおいて、なんの努力もせず分からなければ「聞けばいいや」と思っているのなら、さっさと止めた方が身のためですし時間を無駄にしなくてすみます。


自分のFXに対する立ち位置を自分が理解していれば「待てないんですけどどうすればいいですか?」と言うような、なんとも答えようのない質問をしてくる事はなくなると思います。

そもそも、質問には質問の仕方というのがあります。

「○○について自分は××だと思うんだけど、よく考えるとそうではないような気もする。自分自身の知識では分からないので、自分の考えのどこが違うのかを教えて欲しい」

というのが質問であり「○○ってなんですか?」というのは質問であって質問ではありません。

あんまりこういうブログの書き方をしたことはないんですが正直、かなりイラッとしたので敢えて書きます。


 まとめ 



まとめもなにもないんですが(苦笑)

「待てないんですけどどうすればいいですか?」という質問に対する答えは「どうすればいいですか?じゃなく待て」


それが回答です。

あ~イラッとした・・・




< スポンサーリンク>

レイチェルボリンジャー




 



kakutei.jpg




コメントは受け付けておりません。

お問い合わせはskyp93166271@yahoo.co.jpまでお願いします。

おきてがみ

follow us in feedly

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
  
関連記事
ランキング参加中
おきてがみ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 
semina.jpg

無料レポートを差し上げます。詳しくは上記のバナーをクリックを。

スポンサードリンク
免責事項
当サイト上で、掲載されている内容、情報についての正確性、有用性は一切保証しておりません。 また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じた如何なる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。
15分足トレード手法の販売


15分足手法の詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
個別コンサルティングの詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
SOCについての詳細はバナーをクリックして下さい。
更新情報をお知らせします
follow us in feedly
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。