FX  トレードの大敵 思い込みを排除する具体的な方法 : 打倒! FX! フザけんな!! プロスペクト理論!!
HOME > スポンサー広告 > title - FX  トレードの大敵 思い込みを排除する具体的な方法HOME > メンタル > title - FX  トレードの大敵 思い込みを排除する具体的な方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX  トレードの大敵 思い込みを排除する具体的な方法

15分足手法の販売方法を変更しました。セミナーご希望の方が多い様なので2時間のセミナー付きを選べる様にしました。詳しくは15分足手法の販売ページの価格の部分をご覧下さい。

15分足手法のバージョンアップのお知らせは、こちらの記事をどうぞ。

2ヶ月間をかけた個別コンサルティングについての記事はこちらの記事をどうぞ。
 



L脳、S脳という言葉を聞いたことがありますか?

いわゆる「思い込み」という事ですが、思い込むと「見えているのに見えていない」という状態になってしまう事がありますが、この思い込みに支配されてしまい、テクニカルは明確に「下だ」と言っているのにそれが見えないという状態になってしまいます。

今日はそんな事について書いてみます。




 

 認知バイアス 



このL脳、S脳という名の思い込みは、心理学では認知バイアスと言われます。

認知バイアスとは

---------- 引用 ここから ----------------


■認知バイアスとは?

認知バイアスとは、認知心理学や社会心理学の理論であり、ある対象を評価する際に、自分の利害や希望に沿った方向に考えが歪められたり、対象の目立ちやすい特徴に引きずられて、ほかの特徴についての評価が歪められる現象を指します。

要するに、直感や先入観(思い込み)、恐怖心や願望が論理的な思考を妨げるのです。ここにあげる認知バイアスに支配されないように気をつけてください。

引用元 思考を歪める心理効果 認知バイアス


------------ 引用ここまで -----------------

この認知バイアスが起こる原因は様々ですが例えば、どこかのサイトに書いてあった文章を読み、それが思い込みの原因になったり、値頃感というのも認知バイアスが発生する原因になったりします。

実際のトレードの場面で発生する認知バイアスの例を見てみます。

私がこのブログの中で常に「長期の時間足がどの方向を向いているかを確認し、その方向にのみトレードする事
が一番大事」と書き続けています。

いわゆる「順張りトレード」ですが、その為には長期の時間足のトレンドを確認し方向を見ながらタイミングを見て短期の足でエントリーしていきます。

ところが、長期の足を見て方向を予測してしまうと、その方向が頭の中に刷り込まれてしまい冷静に見れば短期的
には全く逆の方向であるにもかかわらず、頭の中に刷り込まれた方向に固執してしまい、周りが見えなくなってし
まう状況が起こります。

また、この認知バイアスが発生することにより、小さな動きを過大評価してしまう事も起こります。

例えば、朝の段階で日足を確認したところ「買い方向が強そうだ」と考えたとします。

その後、日足や各時間軸を確認しながらトレードを行って行くことになりますが、朝考えた「買い方向が強そうだ」という意識が頭の中に刷り込まれているとちょっとした買い方向の動きがもの凄く大きな動きに見え、なにも考えずにエントリーしてしまったりという事が起こります。

これが認知バイアス、いわゆる思い込みが起こす一つの例です。


 認知バイアスを避けるには 



MTFという考え方を元にトレンドフォローという方法でトレードしようとすると、どこまでの時間足を意識するべきか?という問題は常に発生します。

例えば、デイトレードであれば日足や4時間足を意識する。

例えば、スイングであれば日足や週足を意識する。

例えば、スキャルピングであれば1時間足や30分足を意識する。

という様にトレードスタイルによって意識しなければならない時間軸というのは変わってきます。しかし、どんなトレードスタイルであっても、この認知バイアスの影は常につきまといます。

では、この認知バイアスを避ける為にはどうするか?という事になりますが、これは非常に簡単です。

それは

「定期的にチャートの前を離れる事」

です。


現在は、自分の手法を元にしてEAを作りトレードの条件が整った段階でアラートで知らせてくれるシステムにしましたから、この思い込みに支配されることは全くなくなりましたが、それ以前は意識的にやっていた方法です。

一見なんでもないような事ですが一度、チャートの前を離れなにか用事をこなした後に数メートル離れた所からチャートを見ると今まで自分が見ていたチャートとは全く違った姿が見えてきます。

自分が今までずっと「買いだ」と思って見ていたチャートが離れて見てみると「買いよりも売りに傾きつつある」とか「どっちでもない」という状況をハッキリと分かる事もあります。

ただ、認知バイアスに陥ろうと思って自ら陥る人はいない訳ですが、一日チャートの前に座って微動だにしないという人はいませんから、ちょっとトイレに行き戻ってきたらチャートから距離を取って俯瞰して眺めて見る事はとても大事な事です。

また、もう一つ大事な事があります。

それは

「 自分が使っている時間足の中で最も長い時間足の更に上位足を見る事 」

です。

例えば、デイであれば日足だけではなく週足、月足を見てみる。

例えば、スイングであれば週だけではなく月足、年足を見てみること。

例えば、スキャピングであれば1時間だけではなく4時間を見てみること。

この自分が使っている最長の足よりももっと上位の足を見ることで自分が「買いだ」と思っていた局面が、実は単なる下げの途中の戻りに過ぎなかったという事が見えてきます。


 まとめ 



認知バイアスを徹底的に排除することは非常に難しい事ではありますが、決してできない事ではありません。

物理的にチャートの前を離れ、自分の使っているチャートの最上位の足よりももっと長い足を見てみる。

たったこれだけでも思い込みを排除する有効な手段になりますから、是非、試してみて下さい。


スポンサーリンク

ロジカルFX



 



kakutei.jpg




コメントは受け付けておりません。

お問い合わせはskyp93166271@yahoo.co.jpまでお願いします。

おきてがみ

follow us in feedly

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
 
 
関連記事
ランキング参加中
おきてがみ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 
semina.jpg

無料レポートを差し上げます。詳しくは上記のバナーをクリックを。

スポンサードリンク
免責事項
当サイト上で、掲載されている内容、情報についての正確性、有用性は一切保証しておりません。 また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じた如何なる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。
15分足トレード手法の販売


15分足手法の詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
個別コンサルティングの詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
SOCについての詳細はバナーをクリックして下さい。
更新情報をお知らせします
follow us in feedly
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。