FX 敏感なテクニカルに意味はあるのか? : 打倒! FX! フザけんな!! プロスペクト理論!!
HOME > スポンサー広告 > title - FX 敏感なテクニカルに意味はあるのか?HOME > テクニカル > title - FX 敏感なテクニカルに意味はあるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX 敏感なテクニカルに意味はあるのか?

15分足手法の販売方法を変更しました。セミナーご希望の方が多い様なので2時間のセミナー付きを選べる様にしました。詳しくは15分足手法の販売ページの価格の部分をご覧下さい。

15分足手法のバージョンアップのお知らせは、こちらの記事をどうぞ。

2ヶ月間をかけた個別コンサルティングについての記事はこちらの記事をどうぞ。





トレードを行う上で私に取ってテクニカルというのは必要不可欠な物ですが、ご存じの様にテクニカルには早いテクニカルと遅いテクニカルの二種類があります。

早いテクニカルの代表格としてはW%Rというテクニカルがありますが、そもそも論としてテクニカルに取って「早い」という事が意味があるのかどうなのか?というのをちょっと考えてみました。

そんなお話しです。
「テクニカルに取って早いという事はなにか意味があるのか?」という話になってきますが、文章で説明しても分かりづらいでしょうから、あるテクニカルを元に書いてみます。


上の画像はUSD/CADの1時間足で上段のテクニカルはRVIというテクニカルでよくあるオシレーター系のテクニカルです。下段にあるのはRVIを元にして自作のテクニカルです。

昨日書いたFX 勢いは最も大事という記事の中で書いた下限ラインと上限ラインを引いてテクニカルの早さという部分にどんな意味があるのか?を見てみます。

まず、エントリー条件としては「直近の山あるは谷を越えたタイミングでエントリーする」というルールにしてみます。

縦ラインの赤いラインがオリジナルのテクニカルで指示されたエントリーポイントで、黄色いラインで引かれているのが元になってRVIで指示されたエントリーポイントです。

これを見るとオリジナルの方が既存のRVIよりも1時間足の本数にして2~3本早くエントリーポイントに来ているのが分かると思います。

特に左から二本目の縦ラインの部分ではオリジナルが上げの初動に近い部分での指示を出しているのに比べ、RVIは上げの終盤でのエントリーを指示しています。

これだけを見ると

「やっぱり早いことはいい事なんだ」

という結論になってしまうかも知れませんが、早いと言う事が全てにおいてプラスの方向に作用するか?というとそうではありません。

これはどんなテクニカルでも言える事ですが

「早い=ダマシが増える」

という事ができます。

早いとダマシが増えるからと言ってパラメータを遅くしようとすると、今度は遅すぎて使い物にならないというあっちを立てればこっちが立たずという状況に陥ってしまいます。

これと同じ様に「早く描画するテクニカルにはメリットもあるがデメリットもある」というなんとも当たり前の結論に辿り着いてしまいました。

ただ、早いテクニカルの大きなメリットとして「ダマシ回避をしっかりと対策すればより初動に近いところでのエントリーが可能となる」というメリットがあります。

そのダマシを回避するために必要なのがMTFという考え方です。

テクニカルというのはいつも書いている様に道具に過ぎません。その道具をうまく使いこなすためには使いこなすための技術というものが必ず必要になってきますが、私はその技術の一つがMTFという考え方だと思っています。

まとめると

「早いテクニカルには優位性がある事は間違いないが、それを使うための技術は必須である」

という結論なのかなんなのか分からない所に行き着いてしまいました。


スポンサーリンク

ロジカルFX

 



kakutei.jpg




コメントは受け付けておりません。

お問い合わせはskyp93166271@yahoo.co.jpまでお願いします。

おきてがみ

follow us in feedly

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
 
 
関連記事
ランキング参加中
おきてがみ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 
semina.jpg

無料レポートを差し上げます。詳しくは上記のバナーをクリックを。

スポンサードリンク
免責事項
当サイト上で、掲載されている内容、情報についての正確性、有用性は一切保証しておりません。 また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じた如何なる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。
15分足トレード手法の販売


15分足手法の詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
個別コンサルティングの詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
SOCについての詳細はバナーをクリックして下さい。
更新情報をお知らせします
follow us in feedly
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。