FX EMAは壁として意識することが大事 : 打倒! FX! フザけんな!! プロスペクト理論!!
HOME > スポンサー広告 > title - FX EMAは壁として意識することが大事HOME > レジサポ > title - FX EMAは壁として意識することが大事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX EMAは壁として意識することが大事

15分足手法のバージョンアップのお知らせは、こちらの記事をどうぞ。

2ヶ月間をかけた個別コンサルティングについての記事はこちらの記事をどうぞ。



ちょっと風邪をひきました。

一緒にトレードの後は必ず風邪をひきます。何故か。

  それはさておき。

下の画像です。


c79898.jpg


これはあるペアのある日の5分足の画像です。

黄色で囲ってあるのはEMAです。

仮にこの部分でLサインが出たら乗りますか?という話を一緒にトレードの際に参加された方に聞いてみました。

すると

「乗らない」

という返事が返ってきました。

後の動きを見るとLサインに乗らなかったのは正解という事になりますが、リアルタイムで見ていると何故か乗ってしまったりする事が多い方がいらっしゃる様です。

これは一つのペアをずっと監視していると起こることかも知れませんが、ずっと見ているといろんな気持ちが湧いてくるからかも知れません。

この辺は環境認識という部分になるのかも知れませんが、EMAは壁として意識するといいと思います。

EMAが1本なら薄い壁。

2本ならちょっと厚くなり、全部まとまると非常に厚い壁。

厚くなればなるほど抜けて行くのに苦労するのは当然の事です。

もちろん、壁が厚いからと言って抜けない訳ではありません。

ただ、抜けて行くためには大きな力が必要だというのはなんとなく理解できると思います。

話は変な方向にずれますが、ニュートンの運動方程式というのがあります。

F=ma

という式で表されますが、確か高校の物理で習うんだと思います。

Fは力の大きさ。

mは重さ。

aはスピード。

力の大きさは重さとスピードが大きくなればなるほど強くなるっていう式ですが、これは相場にもあてはまるんではないかと思います。

壁が厚ければ厚いほど力は大きくなければならない訳ですが、それには重さとスピードが必要になります。

重さというのは相場には関係ないかも知れませんが、スピードというのはあるかも知れません。

まぁ、イメージという事で理解して下さい。

EMAが集まっていればいるほど抜ける為には大きな力を必要とすると理解してもらえばいいと思います。

 




kakutei.jpg







コメントは受け付けておりません。

お問い合わせはskyp93166271@yahoo.co.jpまでお願いします。

おきてがみ

follow us in feedly

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
 
 
関連記事
ランキング参加中
おきてがみ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 
semina.jpg

無料レポートを差し上げます。詳しくは上記のバナーをクリックを。

スポンサードリンク
免責事項
当サイト上で、掲載されている内容、情報についての正確性、有用性は一切保証しておりません。 また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じた如何なる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。
15分足トレード手法の販売


15分足手法の詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
個別コンサルティングの詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
SOCについての詳細はバナーをクリックして下さい。
更新情報をお知らせします
follow us in feedly
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。