FX 利確と損切りは結局は裏表の関係にある : 打倒! FX! フザけんな!! プロスペクト理論!!
HOME > スポンサー広告 > title - FX 利確と損切りは結局は裏表の関係にあるHOME > 利益確定 > title - FX 利確と損切りは結局は裏表の関係にある

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX 利確と損切りは結局は裏表の関係にある


利確と損切りについて書いてみます。

実を言うとと言うか、個人的には口座に与える影響は真逆ではありますが、利確と損切りというのは非常に近い位置にあるんではないかと思ったりしています。

エントリー時にあるインジケータを利用しているとします。
エントリー後、自分の思う通りの方向に進み、そのインジケータが逆のサインを出したら利確。
エントリー後、自分の思う方向とは逆に進みエントリーの根拠としたインジケータが逆のサインを出したら損切り。

要は損切り、利確の両方ともインジケータの逆のサインで手仕舞いしている事にはなんら違いはありません。

言葉ではちょっと分かりにくいので画像にしてみます。

無題1111111111

まず利確の場合です。

画像に表示されているインジケータは以前、ブログにUPしたRVIになります。
Aポイントで黄色いラインが下から上に抜けていますからエントリーします。
その後、Bポイントで上から下に抜けていますのでエントリー条件が崩れましたから手仕舞いします。どのレートでエントリーできたか分かりませんが、マイナスであれば損切りですし、プラスであれば利確です。
この位のレート差があればスプレッドを考慮しても十分な利益が出ているはずです。


次に損切りです。

同じ画像の中のCポイントで下から上に抜けていますから、Lサインと見てLでエントリーします。
ところが、2本ほど後の足で上から下に抜けていますのでSのサインが出ています。
どのレートでエントリーしたか分かりませんがエントリーした条件が崩れていますから
利益が出ていようと出ていなかろうと手仕舞いします。
マイナスであれば損切り、1PIPSでも利益が出ていれば利確です。
スプレッドを考えれば損切りだとは思いますが。

利確と損切りの場面を見て共通する部分があるのは分かりますか?


両方ともエントリーした条件が崩れているのが共通した部分です。

つまり、建てたポジションがプラスであろうがマイナスであろうが「エントリーした条件が崩れた時には躊躇なくポジションを手仕舞いする」と言うのが利確、損切りの正しい姿ではないかと私は考えています。

当然、損切りした後に思った方向に伸びていく事もあり得ます。

その時は再度、エントリーすればいいだけの事です。
「戻すかも知れない」という淡い期待を持ってポジションをホールドし取り返しのつかない大損害を被るよりもよほどいいと思います。

少し話がずれました。

利確であれ損切りであれ「エントリーした根拠が崩れたら手仕舞いする」という事を徹底し、その結果として利益が出るか、あるいは損を被るかという結果が伴うという風に考えた方がすっきりするのではないかと思っています。


もちろん、その為には正しい位置というか利益が出るであろうポイントを選んでエントリーするというのが大前提である事は言うまでもありません。


ただし、トレンドの変わり目については注意が必要です。

ご存じの様にトレンドはスイッチのON、OFFの様にスパッと切り替わる訳ではなく上がり下がりを繰り返して逆のトレンドに移行して行きます。

その為、トレンドの変わり目でエントリーした場合、逆サインが出たとしてもしばらくホールドして様子を見るべきだと思います。

割と損切りをどの位置でするか悩むという方が多かったので書いてみました。



< スポンサーリンク>

レイチェルボリンジャー

 



kakutei.jpg




コメントは受け付けておりません。

お問い合わせはskyp93166271@yahoo.co.jpまでお願いします。

おきてがみ

follow us in feedly

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事
ランキング参加中
おきてがみ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 
semina.jpg

無料レポートを差し上げます。詳しくは上記のバナーをクリックを。

スポンサードリンク
免責事項
当サイト上で、掲載されている内容、情報についての正確性、有用性は一切保証しておりません。 また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じた如何なる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。
15分足トレード手法の販売


15分足手法の詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
個別コンサルティングの詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
SOCについての詳細はバナーをクリックして下さい。
更新情報をお知らせします
follow us in feedly
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。