レジサポは抵抗帯として意識する : 打倒! FX! フザけんな!! プロスペクト理論!!
HOME > スポンサー広告 > title - レジサポは抵抗帯として意識するHOME > レジサポ > title - レジサポは抵抗帯として意識する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジサポは抵抗帯として意識する

15分足手法のバージョンアップのお知らせは、こちらの記事をどうぞ。

2ヶ月間をかけた個別コンサルティングについての記事はこちらの記事をどうぞ。





レジサポを引くという話になると、どうしても出てくる意識として

「そのラインに触れる」

という意識が出てきます。

レジサポはラインで表現されますから、どうしても「ラインに触れないと」と思いがちですが、実際のトレードでは

「レジサポの近くまで行きラインにはタッチせずに動きが変わった」

とか

「レジサポを通り越してしまったが、そこを契機として動きが変わった」

とか

「レジサポにピッタリあたって動きが変わった」

という動きをする事が往々にして起こります。

この動きを見て

「レジサポなんか使えねぇ」

とぶん投げてしまう人間が少なからずいる訳ですが、毎回毎回、レジサポにピタピタあたって動きが変わっているのなら苦労はしません。

そういう意味では、レジサポは「ライン」と考えるよりも抵抗帯という様な幅のあるイメージを持った方がいいかも知れません。

レジサポを使うようになると、目処としているレジサポに「後1PIPS届かずに反転された」という経験をする様になります。

これを防ぐには結局のところ、レートの動きを観察して『無理だ」と思ったらサッサと逃げるという方法しかない訳です。

ただ、これはレートを観察している事が前提です。

TPを決める様な場合、目標としているレジサポがあるのであれば、そのレジサポから少し離れたところにTPを置いた方がうまく行く事が多いと思います。

という事でレジサポを使い目標値を決めるのであれば、TPは少し離れた所に置いてみるというのが一つの方法です。


さて、24の最後を見ようと思います。

どんな穴があるか楽しみです(笑)

 





kakutei.jpg




semina.jpg


コメントは受け付けておりません。

お問い合わせはskyp93166271@yahoo.co.jpまでお願いします。




おきてがみ




follow us in feedly

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
 
関連記事
ランキング参加中
おきてがみ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 
semina.jpg

無料レポートを差し上げます。詳しくは上記のバナーをクリックを。

スポンサードリンク
免責事項
当サイト上で、掲載されている内容、情報についての正確性、有用性は一切保証しておりません。 また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じた如何なる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。
15分足トレード手法の販売


15分足手法の詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
個別コンサルティングの詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
SOCについての詳細はバナーをクリックして下さい。
更新情報をお知らせします
follow us in feedly
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。