FX  ちょっとした手法の紹介 移動平均線を使った手法 : 打倒! FX! フザけんな!! プロスペクト理論!!
HOME > スポンサー広告 > title - FX  ちょっとした手法の紹介 移動平均線を使った手法HOME > 移動平均線 > title - FX  ちょっとした手法の紹介 移動平均線を使った手法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX  ちょっとした手法の紹介 移動平均線を使った手法

移動平均線を使ったちょっとした手法をご紹介します。


 手法の詳細 



EMA.jpg

画像はUSD/CADの4時間です。

各移動平均線は画像に書いてある通りです。

エントリー条件は以下の通り。


< Lの場合 >

1 終値が50EMAの上であり且つ35EMAの上に10EMAがある事

2 10EMAが35EMAを割ったら手仕舞いはするがSはしない。



< Sの場合 >

1 終値が50EMAの下であり且つ35EMAの下に10EMAがある事

2 10EMAが35EMAを超えたら手仕舞いはするがLはしない。


という条件です。


 条件に従った検証 



画像に丸をつけた所がLとSの各々のエントリー場所です。

一度目のLの場合、利が出て終わってます。

二度目のSの場合もこれも利が出ています。

ただ、一度目のLの場合、途中で急騰がありましたが、手仕舞いルールに従うと利の半分くらいを飛ばしていることになります。

移動平均線にはSMA、EMA、WMA等々がありますが、結論としては遅すぎるという事が言えると思います。

これは移動平均線の計算方法を考えれば分かります。

移動平均線は読んで字の如しで指定期間内の移動量の平均を取ってラインにしたものです。

その為にどうしても遅くなります。

では、これを防ぐために指定期間を短くすればという事になりますが、短くすればするほどダマシが増えるのは、よく知られている話しでもあります。


 まとめ 



この手法自体が使えるか?と言われると「使えるって言えば使えるし、使えないって言えば使えない」って話しになると思います。

まぁ、手法的には簡単なんでEA化はしやすいかな?っていう程度です。

follow us in feedly

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
 
関連記事
ランキング参加中
おきてがみ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 
semina.jpg

無料レポートを差し上げます。詳しくは上記のバナーをクリックを。

スポンサードリンク
免責事項
当サイト上で、掲載されている内容、情報についての正確性、有用性は一切保証しておりません。 また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じた如何なる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。
15分足トレード手法の販売


15分足手法の詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
個別コンサルティングの詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
SOCについての詳細はバナーをクリックして下さい。
更新情報をお知らせします
follow us in feedly
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。