FX インジケータのご紹介 : 打倒! FX! フザけんな!! プロスペクト理論!!
HOME > スポンサー広告 > title - FX インジケータのご紹介HOME > テクニカルを使った手法の種 > title - FX インジケータのご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX インジケータのご紹介

風邪なのかなんなのかどうもスッキリしません。

さて、今、ちょっと悩み事があります。

といってもトレード上の悩みですが。


 レンジをどう判定する? 




「トレードするべき局面か否か」

要はレンジか否かを判定するという話です。

基本的に私はテクニカルトレーダーですのでこういう場合もテクニカルを利用しようと考えています。

その目処の一つとしてDamianiというテクニカルがあります。
これはトレンドなのかレンジなのかを判定するというテクニカルです。

damiani.jpg



上の画像は15分足にDamianiを表示させたものです。

青の丸で囲んだ所がDamianiがトレードしてはいけないと判断している部分です。

見ての通り、割とまともにレンジの判定をしてくれています。

見方としては

緑のラインが灰色のラインの上にある時は「トレードしてもいい」

逆に灰色のラインが緑のラインの上にある時は「トレードしてはいけない」


という判断基準です。

また、緑のラインが灰色のラインの上にあっても緑と灰色のラインが収束してきている場合は値動きが小さくなっているという事で注意が必要という事になります。

ただ、注意しなければいけないのはこのテクニカルは方向を示すモノではないという事に注意がいります。

方向については従来通りの判断基準です。


また、このテクニカルを短い時間足に採用するのは失敗の元です。


少なくとも15分以上できれば30分程度の時間足に採用する必要があります。

あまり短い時間足に採用するとコロコロと変わってしまうので振り回される事になります。

このテクニカルは

http://www.abysse.co.jp/mt4/indicator_name_d.html

のDamiani_volatmeter.mq4という所で落とせます。

またデフォルトのパラは上から

13 50 1.3 true

ですがこれでは役にたちませんので上から

10 30 1.45 true

に変更して使ってみて下さい。

ただこのDamianiも万能ではありません。

トレードしてはいけないという時にトレンドが出たり、とれーどしていい時にレンジだったりする場合があります。

で、悩みというのはこのパラ設定の事でもあります。

現状、書いたパラは比較的、15分足に適したパラになっていますがどうも帯に短したすきに長しでしっくり来ません。

使いたいと思う人は使ってみて下さい。



スポンサーリンク

ロジカルFX




kakutei.jpg






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

関連記事
ランキング参加中
おきてがみ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 
semina.jpg

無料レポートを差し上げます。詳しくは上記のバナーをクリックを。

スポンサードリンク
免責事項
当サイト上で、掲載されている内容、情報についての正確性、有用性は一切保証しておりません。 また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じた如何なる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。
15分足トレード手法の販売


15分足手法の詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
個別コンサルティングの詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
SOCについての詳細はバナーをクリックして下さい。
更新情報をお知らせします
follow us in feedly
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。