FX  テクニカルインジケータはこう使え!!   : 打倒! FX! フザけんな!! プロスペクト理論!!
HOME > スポンサー広告 > title - FX  テクニカルインジケータはこう使え!!  HOME > RSI > title - FX  テクニカルインジケータはこう使え!!  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX  テクニカルインジケータはこう使え!!  

このブログを読んでいただいている方は、テクニカルインジケータを使っている方が多いと思いますが、SOCのメンバーの入会後の状況を見ていてもテクニカルインジケータの本当の使い方をわかっている方が少ないという印象があります。そこでテクニカルインジケータの本当の使い方を書いてみます。


 テクニカルインジケータの使い方の常識と言われる考え方 




下記の画像を見て下さい。

8888888888888888.jpg


通貨ペアはUSD/CHFです。

インジケータはRSIでパラは10。

時間軸は1時間です。



USD/CHFなんていうペアは弄った事がありませんが、ペアなんてどれでもいいんで適当に選びました。

通常、RSIというのは相場の行きすぎを計る為のオシレータという風にいわれてます。

70%を超えたら買われすぎ、30%以下なら売られすぎとして判断するという使い方が一般的です。

売られすぎ買われすぎを判断するインジケータは他にも、ストキャストかが有名どころでしょうか。

ところがこの、買われすぎ売られすぎというのが曲者で、これをこのまま信じてしまうとエライ目にあったりします。


 なぜテクニカルインジケータを使うんですか? 



で、そもそもインジケータというのは何に使うのか?というのを考えてみます。

意外と何故、インジケータを使うのかを考えていない人が多かったりしますが、相場に参加している人たちの多くが知りたいと思っているのは


「相場が転換するタイミングを知りたい」


というのが一番、大きな部分です。

もちろん

「押しや戻りのタイミングを知りたい」

というのもある訳ですが、この部分に関してはこの記事では書かずに

「トレンドの転換」

という部分に的を絞ります。


 テクニカルインジケータの本当の使い方 



RSIというインジケータはデフォルトの設定では70%と30%の部分にレベルが引いてあります。

まず、こんなもんは役に立ちませんから消して改めて50%の部分にレベルラインを引き直します。

そして、見るのはRSIが今、50%のレベルラインから見て上にいるのか、下にいるのかを見ます。

例えば画像のL方向と書いてある部分はレベルラインから見てRSIのラインは上にいます。

逆にS方向と書いてある部分はレベルラインから見てRSIのラインは下にいます。

そして、トレンドの転換点はと言えば、レベルラインの50%を境にしてトレンドが反転しているのが分かると思います。


つまり、簡単に言ってしまえば


「レベルラインよりも下にRSIが下にいる時にはS方向のみ、上にいる場合はL方向のみを考える」


そして


「トレンドの転換点はレベルラインを超えるか否か?」


判断の基準とするという見方ができる事になります。


 まとめ 



よくインジケータは、シグナルラインとインジケータのラインがクロスしたらど~のこ~のなんていう見方をするのが正しい!的な文章を見たりしますが、そんな事やってたら確実に死にます。

例えば、ストキャス。

これも同じ様に上に張り付いたら買われすぎだから売り、下に張り付いたら売られすぎなので買いという見方が正しいという事を言ったりしますが、これをやって死んだ人をたくさん知ってます(苦笑)



ある意味

「インジケータはこう見るのが正しい!!!」

と言われている常識を疑う事から、全ては始まるんだと私は思っています。


どこにでも転がってるRSIというインジケータを使ってでさえ、トレンドの転換点を知る事は簡単にできるというお話しでした。


ちなみにSOCではRSIは全く使っていませんので念のため(苦笑)


kakutei.jpg






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 
関連記事
ランキング参加中
おきてがみ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 
semina.jpg

無料レポートを差し上げます。詳しくは上記のバナーをクリックを。

スポンサードリンク
免責事項
当サイト上で、掲載されている内容、情報についての正確性、有用性は一切保証しておりません。 また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じた如何なる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。
15分足トレード手法の販売


15分足手法の詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
個別コンサルティングの詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
SOCについての詳細はバナーをクリックして下さい。
更新情報をお知らせします
follow us in feedly
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。