FX  トレンドをどう読む? : 打倒! FX! フザけんな!! プロスペクト理論!!
HOME > スポンサー広告 > title - FX  トレンドをどう読む?HOME > トレードする時に必要な知識 > title - FX  トレンドをどう読む?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX  トレンドをどう読む?

さて、トレンドをどう読むか?って話です。
凡例として昨日のチャートを例に取ります。

ちなみに「後づけならなんとでも言える」って声が聞こえてきそうですが、そう思われる方は読まないで結構です(笑)


まず日足です。

415 日足


前日は陽線で引けています。
しかも終値が80EMAよりもちょこっと頭を出した状態で引けています。
また、直下には10EMAがあり、この2本に挟まれています。

となるとこのまま上に行く可能性があるとも読めますし、逆に80EMAに弾かれて一度、下がる可能性もあると読めます。

要は「上にも下にも行く可能性がある」って話です。

ただ、これじゃ「場合によっては上に行く。しかし下に行く可能性もある」って事で読んでる事にはなりません(苦笑)


そこで次に4時間足です。

415 4H


16日の6時の段階でコマが出ています。

コマが出るという事は要は相場がどっちに行こうか迷ってるという状態です。

迷ってるって事は日足と同じで「上に行くかもしれない。しかし、場合によっては下にいくかも知れない」って事で
4時間足を見てもどっちに行くか分かりません。



では、次に1時間足です。

415  1H


1時間足を見ると16日の6時の段階で陰線が発生しており、しかも2本目の陰線で20EMAを超えてきています。
ただ、20EMAを超えたと言っても、ホンの少し頭を出した程度の話なので万全を期すなら、完全に頭を出すのを待ってみてもいいかも知れません。

また、6時の段階以前はずっと陽線が続き上げトレンドが継続していた事が見て取れます。
という事はこの上げトレンドが終わったかどうか?という結論を出す事が「下」という判断を強化する事になります。
その為、インジケータを利用したりする訳ですがその辺はネタバレになってしまうので書きません(笑)


とにもかくにも、この段階で「もしかしたら下じゃん?」という結論めいたものが出ます。
次にエントリーするかどうかの判断です。


1時間足を見ると直下に80EMAが控えています。
そして、2本目の陰線の終値から80EMAまでの値幅は約35PIPS程度あります。

要はこれが「得られるかもしれない利益」という事になります。


では、逆に動いた時にどこまで戻るかという「被るかもしれないリスク」を計ります。
同じく2本目の終値から直近の最高値を最大のリスクと考えると値幅は約35PIPSです。

つまりこの段階で「下」と決めてエントリーするとリスクとリワードの比率は約1:1という事になります。
さて、ここでエントリーするかどうかって話です。


よりリスクを取る人は1:1であればエントリーする人もいるでしょうし、リスクとリワードの比率が1:1ではエントリーしないという人もいると思います。

この辺はその人の考え方によってくる部分もありますのでなんとも言えません。

また、注意が必要なのはリスクとリワードの根拠となる部分は人によって考え方が様々だという事です。

例えばリスクを計る場合、直近の最高値を最大のリスク値として見るのではなく20EMAの少し上をリスクと考えれば比率は約1:2となり積極的にエントリーするという結論を出す人もいると思います。

また、リワードを80EMAではなく更にその下の200EMAから計れば「得られるかもしれない利益」は110PIPS程度になり比率は1:3になりより積極的になる人がいるかもしれません。

まぁ、現実問題、この局面で200EMAからリワードを計る人はいないと思いますが(苦笑)


これが、4/16の6時の段階でチャートを開いた時にできる予想という事になります。
要は昨日の6時の段階では日足、4時間足を見てもどちらに行くか判断が難しいという事になり、1時間足を見てようやく「もしかして下?」という結論が出たという話です。

当然、相場は刻々と動いて行く訳ですから局面は大きく変わって行きます。
また、昨日の6時の段階ではトレンドは非常に読みにくかったという事になります。


という事は「読みにくい、あるいは読めない時には手を出さない」という方法論も成り立つという事になります。


4時間足の陰線が出るまでエントリーしないという方法もあるでしょうし、もっと待って4時間足の終値が20EMAを超えるまで待つという方法もありだと思います。


要は分からないものに手を出す必要はなく、自分が分かりやすい相場の展開になるまで待つというのも一つの方法だという事になります。

相場は今日や明日で終わりになる訳ではありませんし、待ったからと言って誰かに文句を言われる訳ではありません。

「待つも相場」です。



トレンドの読み方って話から変な話になりましたが、私の場合、朝イチの段階でこういう風にその日の流れを見た上で
トレードをスタートします。

しかし、私もプロではありませんから間違える事が度々あります。
間違えれば素直に損切りしますし、分からなくなったら分かりやすくなるまで待ちます。

読みやすい相場は必ずやってきます。
日足も4時間も陽線が出っぱなしでどう見たって上でしょって相場もありますし逆の相場もあります。

要は分からないのに無理してポジるなって話です。

 





おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

ランキング参加中
おきてがみ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 
semina.jpg

無料レポートを差し上げます。詳しくは上記のバナーをクリックを。

スポンサードリンク
免責事項
当サイト上で、掲載されている内容、情報についての正確性、有用性は一切保証しておりません。 また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じた如何なる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。
15分足トレード手法の販売


15分足手法の詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
個別コンサルティングの詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
SOCについての詳細はバナーをクリックして下さい。
更新情報をお知らせします
follow us in feedly
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。