2013年06月 : 打倒! FX! フザけんな!! プロスペクト理論!!
HOME > ARCHIVE - 2013年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレード拝見 記録

これは、フォーラム内でトレード拝見という内容のサポートを始めたんですが、その時の記録です。


昨日、ある方のトレードを拝見しました。

時間は18:00 ~ 21:00くらいまで約3時間程度。

その間、3回ほどのトレードを見せていただきました。

トレード中はアドバイスは一切せず、終わった段階で少しお話をさせていただきました。

トレードの結果から言うと、残念な結果に終わりましたがトレード内容から言うと、ほぼ問題はありませんでした。


エントリーに関しては、ルールをしっかりと守っていらっしゃるようでしたし、特に問題は感じませんでした。


ただ、事後のアドバイスとしては

「直近の高値、安値についてはもっと強く意識した方がいい」

というアドバイスはさせていただきました。

見られているという緊張感もありつつ、またその時間帯に大きなトレンドが出ていなかったという部分もあったとは思いますが、エントリーに際しては直近の安値高値を強く意識し、「超えたら入る」ではなく「超えたと思った後、しばらく見てどう動くか」を確認し、ワンテンポ遅いか?と思うくらいのタイミングで入っていく方が無駄球を打たずに済むだろうという印象を持ちました。


手仕舞いに関しては、3戦目で-2.5PIPSほどで損切りという場面がありました。

この場面については

「もう少し様子を見た方がよかった」

というアドバイスをさせていただきました。




その時の1分足の動きです。

このタイミングで5分がRGとクロスしていたの判断として損切りという判断は正しかったと思います。

ただ、1分足の動きをみていると大きく逆に動くことがなく全体としては下げている印象を持ったタイミングでした。

この部分で損切りをするかどうかは判断が分かれる所ではあると思いますが、もう少し粘ってみてもよかったのではないかという事はお話させていただきました。


ですが、エントリー及び手仕舞いに関しても修正すべき点は極めて小さいと思いますし、2点のアドバイスについても修正自体はすぐにきくと思います。


いずれにせよ、大きな動きの出る時間帯ではなかった為に、無理にトレードされている部分もあったかと思いますが、ルール自体に関してはよく守っていらっしゃるようでしたし大きな問題は感じませんでした。


このまま進んでいただければと思います。


3時間の間、私が声を発することは、ほとんどありませんでしたので大変だったと思います(苦笑)



以上、トレードを拝見させていただいた感想でした。






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 
関連記事
スポンサーサイト

FX SOC内の日記

SOCの中ではこんな感じで動画を日記にUPしています。


今回はブログ用という事もあってテンプレートに関しては一切、表示できませんが実際には共通したテンプレートを表示して動画で解説しています。

まぁ、今日のこの時間じゃ動きようがないでしょうから「様子見です」って話になってますが(苦笑)

大した話はしてませんが興味のある人は以下のURLからDLして聞いてみて下さい。

ファイル形式はaviなのでWINDOWSのメディアプレイヤーで聞けると思います。




http://kie.nu/14O4

パス 9654488

三日後に削除します。





おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 
関連記事

FX SOCのお話・

ここのところ、SOC内では日記はあまり書いていません。

書く事がないのではなくて、動画を作ってその動画で解説をするようにしています。

書くのが面倒という事ではなく、文章だとどうしても誤解される様な表現や意味を取り違えられたりして、その訂正にまた文章を書かなくてはいけないという循環になってしまって手間が掛かるというのもあって、動画を使っています。

メンバーからは「分かりやすい」という評判もあって、続けていこうかなと思ったりしています。

ただ、ブログの方ではSOCの公式テンプレートを使っていたりする動画なのでUPできなかったりするんで、申し訳ないなと思ったりもします。

まぁ、機会があればブログ用に動画を作って上げてみようかなと思ったりもしています。

いつになるか分かりませんがw






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 
関連記事

RGY EAの公開

ここのところ、マニュアルの改訂作業やEAの作成で忙しく日記の更新が疎かになりました。

さて、タイトル通りRGYをEA化したものを公開します。

このEAの位置づけとしてはあくまでエントリーの可否を確認するための補助具としての役割しか持たせていません。

その為、ロジック的にはあくまでエントリーの補助ということで、売買機能は持たせていません。


あくまでRGYのクロスを判定しているだけです。

VQやADXm、レジサポ等の判定機能は一切持たせていません。


ロングの際は↑が、ショートの際は↓が発生しアラートが鳴りポップアップでどのペアにサインが発生したか確認できる様にしてあります。

また、上記に記載した通り、1時間足の確認のロジックは組み込んでいませんからサイン発生しても1時間足の方向の確認は必須ですし、その他のテクニカルの確認も必須です。

サイン発生 = エントリー ではありませんから注意してください。



サインの発生条件は以下の通りです。


< ロングの場合 >


5分足

① Rが0.05を超えていること。

② RがGよりも上にあること。

③ RがYよりも上にあること。



15分足


① Rが0.05を超えているかタッチしていること。

② RがGよりも上にあるかタッチしていること。

③ RがYよりも上にあるタッチしていること。



30分足

① Rの現在の足が直前の足より上にあること。




< ショートの場合 >

5分足

① Rがー0.05を超えていること。

② RがGよりも下にあること。

③ RがYよりも下にあること。



15分足


① Rが-0.05を超えているかタッチしていること。

② RがGよりも下にあるかタッチしていること。

③ RがYよりも下にあるタッチしていること。



30分足

① Rの現在の足が直前の足より下にあること。


以上が矢印の発生条件です。



1時間足の判定は条件に入れていません。

理由はエントリーチャンスをできるだけ確保するためです。



尚、公開するにあたって以下の条件をつけます。

① 公開するのは実行ファイルのみとし、ソースコードの公開はしません。実行ファイルの公開はしますが、デコンパイル等でのソースコードの改変は禁止します。

また、いらっしゃらないとは思いますが、ソースコード等の改変が発覚した場合、強制退会等の厳しい処分を行います。


② 取り敢えずのバグチェックは行なっていますが、完全にデバッグが完了していませんので、思いもしない不具合が発生することもあります。


③ 使用に関しては自己責任でお願いします。


④ 著作権は放棄していません。

⑤ 不具合等発生の場合はご報告をいただければ修正を行いますが、改良等の要望は一切受け付けません。




パラ設定の説明です。




alert_flgはアラートのオンオフを設定します。
trueがオンです。
初期値はfalseでオフが初期値です。

rvi_flgはRVIファスト、RVIのパラ設定です。
注意点としては実際に見ているチャートとこのrvi_flgの値を合わせるようにして下さい。

rvi_lebel_prassは15分足のプラスのレベル調整です。
初期値は0.03です。

rvi_rebel_minasは15分足のマイナスのレベル調整です。
初期値は-0.03にしてあります。




アップロード先はhttp://**********************/です。

パスは********です。

UPロード期間は1週間ですが、期限切れの際の再アップはしませんので注意して下さい。


ブログ読者の方へ。

本記事はSOCフォーラム内の日記の転載になります。
RGY_EAはメンバー限定で公開していますのでご了承下さい。



< 追記 >
 


大事な事を書き忘れました。

このEAは5分足をベースにしてサインの発生を判断しています。このEAをインストールする時間足は5分足として下さい。

その他の時間足にセットすると正常に動作しない可能性があります。





以上です。






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

関連記事

FX SOCのあるメンバーさんのお話

あるメンバーさんのお話をします。

『誰ですか?』

という詮索はなしです。


この方は二期生の方で最近、入会された方です。

為替経験は3年ほどだという事です。

参加されてから1週間ほどは、苦労をされたという風に聞いています。

為替の知識という意味で言えば正直、あまり知識があるという
風には言えないと思います。

その方から先日、ご報告を受けましたが先月には600PIPS程度の勝ちで終えられているそうです。

今月も順調というお話しを聞いています。

クロス円を主にやっていらっしゃる様ですが、ある意味、クロス円はボーナスステージの様な局面にあるので若干、割り引いて考える必要はあるかもしれませんが、それでも立派だと思います。


この方のトレードの特徴的な所は

『エントリーに関してはルール厳守』

手仕舞いに関しては

『適当』

という所だと思います。



『なんで、手仕舞いが適当やねんw』

という所はありますが、その辺は私がとやかくいう事ではありませんのでスルーします。



もう一点は

『無くしても支障のない金でやっている』

所。

もちろん、無くしてもいい金などというものがある訳ではありませんし、だから勝てるんだという事ではありません。

ただ

『どうしても勝たないといけない』

というメンタルよりも

『負けてもいいや』

というメンタルでは、負けてもいいやというメンタルの方がより全体を俯瞰で見るという事に繋がっていきやすいのも確かだと思います。

このまま勝ち続けて行かれるのは難しい局面も当然の事ながら出てくると思います。

ただ、基本的な事である

『ルール厳守』

という事を守って行かれれば致命的な傷を負うという事はないでしょうし、頑張っていただければと思います。

純粋に第三者の目から見ると

以前、知識がありすぎる事の弊害という日記を書いた事がありますが、その真逆の事が起こっているんだと思います。


この方の場合は、正直、知識がなさ過ぎる事への弊害が起こるのではないか?と危惧していましたが、知識云々の問題ではなく、ただ単純に『ルールを守る』という事を順守されている事が勝ちに繋がっているのではないかと思っています。


こういうメンバーさんもいらっしゃるというお話しでした。





おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

関連記事

再現性があるという事

昨日、ぷちこさんがこういう日記を書かれてました。

--------------- ここから ----------------------

21:58 0.95997 S 00:48 0.95431 +56.6P

レンジ下限ブレイクでエントリー。
利確は5分RYクロス。

途中建値近くに戻しました。
その間に5分足で一度手仕舞いサイン出てます。
手仕舞いに迷いましたが、5分10EMAを明確に
越えなかったことと、1時間Rがかなり下方向に
ずっと動かなかったので、ホールドしました。

最近心がけてる師匠のおことば♪

・再エントリーする状況に追い込まれている
・50動いて50獲ったらダメなトレード。利確出来たのは
たまたま。50動いて30獲れたら、ルールを守ってるから
再現できる。

ねむ・・・。落ちますw。

--------------- ここまで ----------------------


中で再現できるという言葉がありましたので補足しておきます。


この言葉は以前、ちょっとお話しした時に言った言葉だと思いますが、手仕舞いについて私が考えていることをお話したんだと思います。

要は「その手仕舞いを再現できるか?」という意味です。

何度も何度も言っている通り、手仕舞いというのはエントリーに比べて非常に難しいものです。

理由は簡単でどこまで続くのか分からないから。

そのどこまで続くのか分からないものを相手にしようとしたら、何かしらの基準を設けるしかありません。

基準がなければどうなるか?

これも簡単な話でその時々の行き当たりばったりの手仕舞いになってしまいます。

AUDUSD5分

( ブログ読者の方には申し訳ありませんが、この画像には手法の根幹を成すテクニカル等が表示されている為、全てを表示できません。ご了承下さい。ポイント①と④はテクニカル上のポイントになります )


上の画像は豪ドルの5分足です。

この画像の局面を見ると手仕舞いのポイントは4つあります。

一番、ベストな手仕舞いポイントはもちろん③です。

ただ、私が手仕舞いするとすれば私は④のポイントを選びます。


まず①のポイント。

RGがクロスしている訳で手仕舞いのポイントとしては決して間違っているという訳ではありません。

しかし、RGがクロスしたからと言ってこれが戻しで次にまた下げてこないとは断言できませんし、仮にここで手仕舞いを下としても戻りの可能性がある訳で、戻りが終わってまた下げ始めたらサインエントリーが必要になりますから、スプレッド分がムダですから却下。



次に②です。

ピボットのS1にタッチしていますが、いつも言うようにレジサポというのはそこにタッチした後にどういう動きをするかを見るべきで、そこにタッチしたから手仕舞いという様にはしない方がいいという事です。

レジサポというのは、そこにタッチした時に動きが変わる可能性がある場所と言うだけのことで必ずそこで動きが変わる訳ではありません。

この伝で行けば、②も却下。


次に③です。

同じくウィークリーにタッチしていますが、上記の②のポイントと同じ理由で却下。


次に④です。

上でも書いた様に私はこのポイントを選びます。
理由は「Rが0ラインを上抜けしているから」です。

もちろん後で見れば③のポイントがこの局面の手仕舞いポイントとしてはベストであったと言えます。

しかし、これに再現性があるか?と言われると?となります。

今回はたまたまウィークリーのピボットで止まっていますが、次に同じ局面があった時にまたウィークリーのピボットで止まると断言できますか?

私は「止まると断言は出来ない」と思います。


特にレジサポは上にも書いた様に「止まるかも知れないし、止まらないかも知れない」場所です。

そのどちらともつかない場所で「エイヤ」で手仕舞いする方法もありだとは思います。

しかし、そこで止まれば「よかった」と言うことになりますが、そこで「止まらなかった時」、すなわち「取れるはずのものが取れなかった」となれば悔しさは損切りした時の比ではありません。

少なくとも私はそうです。

もちろん④のポイントはあくまで、この局面の中で見た時にベターだと言うだけの話です。

もっと長いスパンでみれば、このレートから落ちていくことはあると思います。

しかし、私がやっているのは5分足のトレードであって、1時間後や10時間後にどうなっているかは全く関係ありません。

であれば、例えば手仕舞い条件を

「5分Rが逆に動き0ラインを突破するまではホールドする」

という決め事(ルール)を作り、それを厳守していくことの方がよほど再現性が高いと思います。


例えば④のポイントで手仕舞いをすると決めていたとします。

その前に③のポイントでウィークリーにタッチし動きが鈍り始めていて且つRが0ラインを目指し始めている訳ですから「もういいや」で手仕舞いすることが可能になります。

私はこれが「裁量トレード」であって「このラインにタッチしたら止まるだろう」と予想して手仕舞いをするのは単なる丁半博打に過ぎないと思ったりもします。

テクニカルトレードというのは再現性が命です。

その時々によってルールが変わってしまっていてはいつまで経っても口座の中身は増えて行きません。

日記の中でぷちこさんが

「50伸びて50取れるのはたまたま、50の内30取れるのは再現性がある」

と書いていらっしゃいますが

ここに追記するとすれば

「50伸びて50取れるのはたまたま、手仕舞いのルールを決めていて50の内30取れるのが再現性があるという」

という事ができると思います。






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

  
関連記事

小動きの時の手仕舞い方法

トレンドが出た時の手仕舞いというのは比較的、簡単です。

簡単というと語弊がありますが、今で言えば10RGなりを使うとまぁまぁうまく行きます。

問題は小動きの時の手仕舞い方法です。

もちろんエントリーはサインに従うと言うのは言わずもがなではありますが、手仕舞いに関しては結構困ります。

というのはサイン通りにエントリーしてもそれほど伸びずに元に戻ってしまうという状態も結構あったりします。

もちろんエントリーを取捨選択するというのは前提としてという話です。

「伸びると思ったら伸びなかった」

と言う状況は結構あります。

私の場合、これはストップ移動で対処するようにしています。

私の場合、初期ストップは15PIPSです。

これを10PIPS程度の利が出たら、エントリーポイントにストップを移動するようにしています。

なぜ10かというと適当ですw

元々、15PIPSのストップ自体がエントリー直後の急変を避けるためという理由ですから10PIPS動かすというのは、自分的に「まぁ、これくらいの利が出ればOKかな?」という程度ではあります。

10PIPSの利が乗る度にストップを動かしていくというのは、手動でトレーリングストップを行っているのと同じ事です。

ただ、ここで大事になってくるのはメンタル。


例えばドル円100円でLでエントリーした。

ストップを99.85円にセット

100.10円になったので100.00円にストップを移動。

100.20円になったので100.10円にストップを再度、移動。

下げてきてしまって100.10円で手仕舞いした。



ここで

「あそこで手仕舞いすれば20PIPS取れたのに!!」

と思うか、それとも

「10PIPSも取れて良かった」

と思うかです。

もちろん、ほとんどの人が

「あそこで手仕舞いしてれば20PIPS取れたのに!!」

と思うと思います。

私もそうです。

ただ、問題はそこからです。

「10PIPSも取れて良かった」と思う人は大きなトレンドが出た時に大きく抜いていく事ができるのに対して「あそこで手仕舞いしてれば20PIPS取れたのに!!」と思う人は、大きなトレンドを小さな利益で終わってしまう事になります。

もちろん、その為に10RGというモノがある訳ですが、小動きの時には10RGであろうがなんであろうが、クロスしたら損で終わったという局面は避けられません。

であれば、単純に

初期ストップ 15。

10の利が出ればストップをエントリー値に移動。

更に10の利が出ればエントリー値+10に移動。

とやっていった方が大きなトレンドが出た時に取り逃がさなくても済み且つ損切りの憂き目に遭う事が少なくて済むと思います。


ちなみにエントリー後、10PIPSの利が出ずに戻り始めたらどうするか?です。

初期ストップまで耐えるかどうかという事になりますが、私の場合、

「ダメだ、こりゃ」

と思えば切る様にしてます。

「ダメだ、こりゃ」

と思う根拠ですが、1分足をよく見ています。

伸びて行く時というのは1分足の動きが止まっても逆の方に大きく動かない場合がほとんどです。

「逆に動かない」と思えば、少々、含み損を抱えても耐えますし「割と逆方向に大きく動くな」と思えば2,3PIPSでも切ってしまう事がほとんどだと思います。

この辺は感覚的なところもあるのでなかなか、説明がしづらいところではありますが、雰囲気というのはあると思います。

「上かな?」

と思ってエントリーしたのはいいけれど、2,3PISPの利が出たり含み損になってみたりで思うように伸びない。

こういう状況はよくありますが、その時にはあっさり切った方がいい状況になる事が多いと思います。

要は「サインに従ってエントリーする」という事は「大きく伸びるだろう」という目算の元でエントリーする訳で伸びないという事はその目算が外れている訳ですから、一度、撤退した方が無難という事になると思います。


ちなみにこれがベストという様な方法があったら私が教えて欲しいですw


< 追記 >

要は「どう動くか分からないものを相手にして予想するなんて愚の骨頂」という事になると思います。

「絶対、ここまで伸びるはずだ!」と思ってもそこまで伸びない事も日常茶飯事ですし、逆に「絶対、ここで終わりだ」と思ってもアッサリ抜けて行く事もまた同じです。

当たりもしない予想という名の「当て物」をやるくらないなら
、何かしらのテクニカルに頼るか、それとも機械的にやるか、若しくはその両方に頼るかのいずれかにならざるを得ないのではないかと思います。


まぁ、あくまで私見ですから「それは違う!」という人がいらっしゃったらご意見をどうぞ(笑)






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 
関連記事

ルールが守れないという事

私の嫌いな言葉の一つにルール厳守という言葉があります。

元々、ひねくれた性格なのも災い?して「ルールを守れ」と言われると

「うるせー」

となる性格です。どっちかと言うと。

そんな自分が何故、自分の定めたルールを守れるかですが、

結論から言えば

「ルールを守らなかった事で何度も痛い目を見ているから」

です。

為替を始めた頃はひどかったです。

一応のルールを定めているものの、その場のレートの動きに翻弄されルール無視は当たり前。

問題はそこで勝ってしまっていた事です。

ルール無視をする事が負けに直結していて、尚且つそれが100%の確率で負けているのならどんなバカでも

「ルールを守らなければならない」

という事に気付くはず。

ところが相場はそうではない。

ルールを無視したところで勝てる事はある。

ましてやルール無視をした結果が大きな勝ちにつながっていたりすると、むしろルールを守る事がマイナスにしか思えなくなってくる。

そうすると必然的にルールを守るという大前提が崩壊し、守らない事が常態化してくるという悪循環に繋がる。

ところが、エッジがあるシステムがありそのルールがしっかりとした検証の元に作られているものであれば、結果的にはルールを守る事が最終的な勝ちにつながってくるというのは自明の理です。

ルールを守らない事 = 負け

という経験を何度も何度も繰り返していく事でルールを守るという至極あたりまえの事が身についていくという事ができます。

よく思うのは為替の事をなにも知らない人にシステムとルールだけを教え、その他の知識をなにも教えずに運用させたら恐らく驚くべき数字が出るんじゃないかと思ったりします。

全く検証した事がありませんから、なんとも言えませんが


これはまず

「余計な知識がない」

という事がプラスに働くんじゃないかと思います。

例えばレジサポ。

レジサポを知らない人にしてみれば、そんなものはないのも同じ事ですから気にしない。

システムがロングを示唆したからロングしただけ。

システムが手仕舞いを示唆したから手仕舞いしただけ。

というやっている本人にしたら、待っている時間だけがやたらと長い非常に単純な「作業」という事ができます。

そこにいろいろな知識が入ってくる事によって「サインに従う」という単純な作業に心理的なバイアスがかかってしまい素直にサインに従う事ができなくなる。

そして、そのバイアスがかかった状態で勝ってしまった事によりルールを守るという単純であり最も大事な部分がフォーカスされなくなり、いつの間にかルールを守らない罪悪感から解放されてしまい守らない事が常態化してしまうという流れになっているのではないかと思います。

もちろんルールを守らない、守れないという理由はそれだけではありません。

しかし、ルールを守れない理由の中に知識がある故にサインをゆがめて見ているという部分は必ずあるはずです。

私がよく言う言葉に

「テクニカルは貴方や私よりもよっぽど頭がいい」

という言葉があります。

テクニカルが上だというなら上、下だというなら下なんです。

そこに貴方や私の当たりもしない予想を入れるのであれば
なにもシステムに頼る必要はありませんし、ゲタでも蹴って裏なら上、表なら下とやった方がよっぽどマシです。

相場というのはランダムな動きをします。

そのランダムな動きの次の動きを少なくとも50%以上の確率で当てようとするなら、定型的なルールを作りそのルールに当てはめた時に50%以上の確率で考えた方向に行かなければ、そのルールは意味のないルールです。

最近は自分の勝率という部分は全く計算していないのでなんとも言えませんが、単純に勝率という事で考えれば90%以上の勝率を稼げるルールであるのは確かです。

もちろん勝率が高いからと言って「素晴らしいシステム」という事ではありません。

ただ、少なくとも50%以上の優位性のあるルールが構築されている以上、


ルールを守らない = 万死に値する


位の勢いで考えた方がいいかも知れません。

ぷちこさんのお話しを出して恐縮ですが、ぷちこさんも当初はあまり褒めらた状況ではありませんでした。

「ルールってなに?」

という状態でしたし、そのぷちこさんが今ではルールを守る事を唯一、絶対的なルールをされている事を見ても、ある時期からルールを守るという事が至極あたりまえの様にできる様になります。

今、皆さんの日記を拝見しているとルールを守れないと悩んでいらっしゃる方が多いように見受けられますが、ルールを守るという事さえ、頭の中にたたき込み牛の反芻の様に常に「ルールを守る」という事を繰り返して行けば、必ずルールを守る事が当たり前で、守らなかった、見落としたという状況になった時にはアッサリとポジションを手仕舞いする事ができる様になります。

自転車に乗れなかった子供が何度も何度も転げ回って、いつの間にか自転車を自分の意思通りに意識せずにコントロールできる様になる。

それと同じ事が必ず起こります。

諦めない事。

これが一番、大事な事です。






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 
関連記事
ランキング参加中
おきてがみ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 
semina.jpg

無料レポートを差し上げます。詳しくは上記のバナーをクリックを。

スポンサードリンク
免責事項
当サイト上で、掲載されている内容、情報についての正確性、有用性は一切保証しておりません。 また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じた如何なる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。
15分足トレード手法の販売


15分足手法の詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
個別コンサルティングの詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
SOCについての詳細はバナーをクリックして下さい。
更新情報をお知らせします
follow us in feedly
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。