2013年01月 : 打倒! FX! フザけんな!! プロスペクト理論!!
HOME > ARCHIVE - 2013年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX  スイングトレード的手法

昨日、スイングトレードの話が出ていたのでちょっとなんか方法がないか?と思い、ザッと考えてみました。

スイング

上の画像は昨日、記事に書いたW%Rとあるインジケータを組み合わせたモノです。
ドル円の日足です。

パラは書きませんしあるインジケータってのも書きません。
この辺は自分で考えてみて下さい。

あるインジケータってのは分からないと思いますが、これSOCの中で使ってるモノなんで書けないってのがホントのところですが。

W%Rのパラは42です。

□がエントリーレート、○が手仕舞いです。

で、です。

2/7 ~ 6/1の約4ヶ月で+969PIPSです。

これって大きいんでしょうか?それとも小さいんでしょうか?

月平均150PIPS弱。

もちろんLOT数によるのは分かってるんですが、PIPSだけで見るとどうにも「ん~?」とならざるを得ません。

仮に500LOTで行けば4000万円強ではありますが。50LOTで行けば400万円強。

確かに4ヶ月で4000万っちゃすごいとは思うんですが、資金を回すって意味で行くと「どうよ?」となります。

まぁ、これはあくまで個人の考え方なんで「そんな事ない」って人もいるとは思うんですが、個人的には効率悪いと
いう感じがしてしょうがありません。

それにある程度、利が積み上がってくると「手仕舞いしちゃいたい・・・」っていう誘惑にもかられると思うんですよ
ね。

なんで、その辺を考えると個人的にはどうしても「スイングは向かない」と思ってしまいます。

ちなみに今のドル円の円安状態って去年の10月くらいから始まってますが、画像の方法で行くと去年の10/2に
78.17で仕入れて未だに持ってる事になってるんで1270PIPS位の利が乗ってる形になってます。

これも4ヶ月ですから月300PIPS程度。

ん~・・どうなんでしょうね?

まぁ、スイングってのは捨てるほど金があって「まぁ、多少でも増えればいいや」なんて思える人がやる位のもんなん
じゃないかと思ったりします(苦笑)

駄文でした。



スポンサーサイト

ロジカルFX








おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




 
 
関連記事
スポンサーサイト

FX 面白いブログの紹介

面白いというか、むしろ怖いブログと言っていいかも知れません。

FX(外国為替証拠金取引)で大金持ちになるまでの道

洒落か冗談で作ったのかも知れませんが、昔からかなり有名なブログではあります。






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 
関連記事

FX お気に入りのブログ

元FX会社部長が解説するFXのコツ

面白いというか「なるほどね」というブログを見つけました。

水野浩一郎さんという方が書かれているブログです。

私の場合、FX業者というと「ストップ狩り」というどうもマイナスなイメージがあったりするんですが、そういう部分を内部にいた方が書いてくれているというのはとてもありがたいです(笑)

一見に値しますよ。






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




 
関連記事

FX 投資信託

先日、ある人から投資に関する相談を受けました。

今年で定年を迎えるそうで退職金が幾ばくか出るのでそれを投資したいと。

流石に無くしちゃいけないお金という事もあり為替を勧める気にはなりませんでした(苦笑)

まぁ、本人はやりたそうにしてるんですが、その辺は自己責任でという事にしておきました。

本人が自分でやりたいという事ならいくらでも教えるんですが、こちらから「やれば?」とは言えません(苦笑)

それはさておき。

「投資信託ってどうだろう?」なんて聞かれたんですが、投信に関しては全くの門外漢で「投信なんてやるなら貯
金してた方がマシ」ってな具合の知識しかありません。

で、その辺に詳しい私が一番、信頼している人に聞いてみました。

その人から出てきたのが「さわかみファンド」なるファンド。

ちょっと調べてみましたが全体的に評判は悪くないようです。

教えてくれた人によると数年前には年率25%のパフォーマンスを出してるとの事でした。

25%ってのが高いのか低いのかよく分かりませんが、その人によれば「奇跡に近い」というパフォーマンスだと
いう事の様です。


確かに他の投信を見ると軒並みマイナスですし、そんな中で名前が挙がるって事はそれだけ優れた投信なんだろう
と思います。

さわかみファンドのサイトを見てみましたが、考え方としてはバリュー投資という考え方が根底にあるようです。

バリュー投資というのは様は長期保有を前提とした投資でそういう意味では目先の上がった下がったという部分に
着目するのではなく将来を見据えた投資という事ができるんだと思います。

なんとなく良さげな感じはします。


どちらにしても人の為に調べた事で自分が投資するつもりは全くないんですが(苦笑)

私は不動産投資の方が性に合ってます(笑)







おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




 
関連記事

FX ちょっと言いたい事

メンタル系の記事を書くとなんだか面白い感じの批判をされる方がいます。


曰く

「メンタルなんか必要ねぇ。手法さえ固めればそれでいい」

という感じです。

そういうメッセージを書かれる方はそういう風に思っていればいいだけで「それは違う」というつもりはサラサラありませんし、どうでもいいちゃどうでもいいです。

私は自分の今までの経験を元に書いているだけですし、その経験から書いた文章が読んでいる人の為になるのならそれはそれで書いている意味もあると思っています。

確かに為替で成功する道筋は一様ではありません。

いろいろな過程を経てゴールに到着する人がいて当たり前です。

であれば「手法よりもメンタルが大事」と思う人がいるのも当たり前です。


○○県のSさん。

貴方からいただいた長文のメッセージをここに転載する気はありませんし、貴方の意見は意見として承っておきま
す。

貴方が頭からメンタルの重要性を否定されるのもそれは貴方の勝手です。

しかし、世の中で為替をやっている方は貴方だけではありませんし貴方に向けて記事を書いている訳でもありませ
ん。

ただ、世の中のトレーダーを志す多くの人たちがメンタルという部分にフォーカスし、悩んでいるという現状がある以上、私は私の信じる事を書き続けますし誰になにを言われようとこれは絶対に曲げません。


以上、ちょっと言いたい事でした。





おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

関連記事

FX 脳をだます

脳をだますっていうとなんとなく怪しげな感じですが、メンタル系の記事です。

しばらくメンタル系の話が続きます(笑)


脳って実はバカなんです。

貴方がバカだって言ってる訳ではなく、私の脳も貴方の脳もバカなんですって意味ですから誤解のないようにお願いします(苦笑)

脳というのは実は現実と妄想の区別がつきません。

これはよく言われる「思考は現実化する」とか「引き寄せ効果」とかいわれるモノの根本原因です。

この引き寄せ効果というのはご自分で調べて欲しいんですが、これは要するに脳は妄想と現実の区別がつかないという
性質を利用した方法です。

この引き寄せ効果あるいは思考は現実化するという考え方の肝は「思い込む事」あるいは「妄想」と言い換える事もで
きると思います。

妄想と言ってもモンモンと妄想を繰り広げるという事ではなく「自分がこうなりたいという姿をリアルに妄想する事」
です。

例えば、ある学校にどうしても入りたい。でも、そこの試験はとても難しい。

ここで妄想の出番です。

その学校に入った自分の姿を妄想するんです。

その学校の制服を着て、その学校に通っている自分の姿を強く心に思い浮かべそれが現実と区別がつかなくなるくらいまで思い込むと脳は自分が本当にその学校に通っていると錯覚するという現象が起きます。

しかし、現実はその学校に入ろうと四苦八苦している自分がいる訳ですから、現実とのギャップが生まれます。

そこでまた妄想の出番です。

その妄想をより強化するために、例えばその学校のオープンキャンパスに参加したりその学校の側に行き常にその学校に通っている自分を妄想します。

すると、そのイメージが更に強化されます。

そうすると不思議な事にその学校に入ろうとする為に「必要な行動」を無意識の内にし始めるようになります。

受験勉強です。


これはとても簡単な一例です。

これは私が学生の時、高校受験を控えた中学生の家庭教師をやった時に取った方法です。

その生徒は成績はそう悪くありませんでしたが、どうにもやる気のない生徒でした。

しかし、その生徒は自分が行きたい高校があったんですが、どうしても偏差値が足りず端から諦めているような子でした。

そこでその子と話す時は、その高校がいかに素晴らしいか、その高校に通っている自分をイメージさせる事を中心に指導していきました。

毎日の様に

「あの高校の制服って可愛いぞぉ」とか

「あの高校ってイケメン多いよねぇ」とか

「○○があの高校に通ってる姿ってきっとかっこいいぞ」とかとか。

そして、事あるごとにその高校の近くまで連れて行ってその高校の周りをぐるっと回ってみたり、先生に頼んで学校の中を見せてもらったりしました。

正に洗脳です(笑)

すると面白い事にその子の成績が徐々にではありますが、その高校が必要とする成績に近づいてきたんです。

洗脳の効果が出始めたって事ですが、結局、その子はその高校に見事、合格(笑)

これが先に書いた脳をだます、脳は実はバカだという端的な例です。

私がやった事は、その子の弱かった妄想をより強化していっただけで、その子は自分が知らず知らずの内にその高校に入るために必要な行動をしている事には気がつかなかったと思います。

ちょっと話がずれましたが、脳をだます事はそう難しい事ではありません。


一番、簡単な方法はネガティブな言葉を吐かない事。


「俺ってついてない・・・」

「私ってついてない・・・」

「どうせ自分なんて・・・」

「どうせできる訳ない・・」

「どうせまた失敗する・・」

「うまく行く訳がない・・」

etc

こういう言葉です。

脳はバカだっていいましたが、逆に言えばこういうネガティブな言葉を吐いていると、その言葉に脳がだまされて
しまいネガティブなセルフイメージを強化しようとネガティブな行動を取っていきがちになります。

それを防ぐにはどうするかという事ですが、ポジティブな言葉を吐き出せばいい。

これだけの事です。


「俺ってついてる!」

「私ってついてる!」

「自分にできない訳ない!」

「絶対に失敗しない!」

「絶対にうまく行く!」


こういう言葉を吐き続ける事で脳は「もしかして自分ってついてるのか?」という思考から「自分ってついてるん
だ!」という思考に徐々に移り変わって行きます。

一回や二回じゃダメです。

常にです。

常に「自分はついている」と言葉に出して呟き続ければ必ずそういう状況になっていきます。

鏡に向かって言い続けてもいいと思います。

いわゆる自己暗示ですが、自己暗示というのはキワモノ的に捕らえられがちですが、実際には心理学でもキチンと証明されているモノですし、自己暗示の力というのは非常に驚くべきモノがあります。

例えば、催眠術。

催眠術というのは被験者に暗示をかけて行くというモノですが、実際に催眠術をかけると例えば火の上に手をかざ
しても火傷をしないという現象が本当に起こったりします。

これは、他者からの暗示によって肉体が強化されているという例ですが、自己暗示というのはこれを自分でやろう
というものです。


実は脳はバカなんだという話からちょっとずれましたが、ポジティブな言葉を呟く事でセルフイメージを変え無意識にポジティブな行動を取る事ができるようになりますから、ダマされたと思って試してみて下さい(笑)









おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

関連記事

FX ゾーンに入るとは? 「ゾーンに入る為の前提」 

よくゾーン」とか「ゾーン状態」って言葉を聞くと思いますが、このゾーンというのを具体的にどういう状態に持って
いくのかは知らないって人が多いと思います。

なので、ちょっとゾーンについて書いてみようと思います。

下の図を見て下さい。

mental_04_2.gif

ゾーンという状態がどういう状態なのかが一番分かる図だと思います。


ゾーンという状態は要は

● 外界からの雑音に惑わされず
● 自分の内側にある「囚われ」に左右されず
● 目の前の状況の変化に適切に対応できる

という状態だと言えます。

このゾーンという状態に入る事ができるのか?という事ですが、普通の人が普通に生活していてもこのゾーン状態に入
っている事はたまにあります。 


例えばゲーム好きな人。

自分の好きなゲームをやっていると目の前のゲームしか目に入らず、気がついたら10時間もやっていたなんていう事があったりします。


例えば本を読むのが好きな人。

自分の好きな本を読み始めたら、ずっと読んでしまって気がついたら夜中になってたなんて言う事もあったりします。


これ全部、私の事です(笑)


これがいわゆる「ゾーンに入った状態」という事になります。

これは自分が意図しないでその状態になったという事ですが、自分で意図してこの状態に持っていく事ができるかどう
かというのが大事になってきます。


上の二つの例の共通点を見ると「その事が好きな事」という部分がポイントです。

自分の話で申し訳ありませんが、私はゲームをやるのが好きだったりします。
最近はめったにやりませんが、昔は暇な時には時間があればゲームをやってたりしました。

本を読むのが好きなのは昔からで、特に好きな本なんかを読んでいいる時は、降りる駅を乗り過ごすなんて事をしょっちゅうやってました。

この記事を読んでいる方も同じ様な経験をした事はあると思います。

ゾーンに入る為の大前提と言っていいと思いますが、ゾーンに入る為にはまずもって

「その事が好きである事」

が一番大事な事だと思います。

この辺の部分について書いてあるメンタル系の本ってのは見た事がありません。

どの本も「ゾーンに入る」事や「ゾーンに入りやすい状態」を作るという事については書いていたりしますが、ゾーンもへったくれもなく、その状態に入り込もうとするにはその事が好きでなければその状態に持っていく事はできないと私は思ってます。

これはスポーツ選手を見ればよく分かります。


例えば、イチロー選手。

言うまでもなく超一流のプロ野球選手です。

イチローが打席に入る前の動作は常に一定の動作を行っているというのは有名でモノマネのネタになっていたりし
ますが、あれはイチローが集中状態に自分を持っていくためのスイッチになっている動作です。

あの動作を繰り返す事によって自分を集中状態に持っていこうとしているんだと思います。

それはさておき、「イチロー選手は野球が好きなのか?」と聞かれれば万人が「好きなんだろう」と答えると思い
ます。

好きでなければ超一流の選手になりようがありません。


逆に考えればすぐに分かります。

先程、本を読んだりゲームが好きな人がそれをやっていると時間を忘れるという事を書きましたが、いやいやなが
らやっている事でこの状態になっている事は絶対にありません。


例えば、学生時代の事を思い出してみて下さい。

好きな授業の時には時間はあっという間に過ぎてしまいますが、嫌いな授業の時には時計を見ても「まだ、これし
か経ってない」と思った経験があると思います。

そして、好きな教科の成績は良く、嫌いな教科の成績は悪かったという事があると思います。


これは

好き → もっと知識を得たい

という良い循環にはまっていてその良い循環が成績がいいという良い結果に落ち着いている例です。

逆に

嫌い → 知識を得る事を欲しない

という悪い循環にはまってしまい、結果として成績が悪いという結果に落ち着いている例です。


そう考えるとゾーンに入る云々よりも「その対象が好きか?」という最も根本的な事がいかに大事な事なのかというの
が分かると思います。

では、自分の事に置き換えて考えてみて下さい。

為替をやっている理由は全ての人が「金が儲けたいから」という理由である事はあきらかです。

「私は損がしたいからやってる」というドMな人にあった事はありません。

では、もっと深く「為替が好きか?」という質問をした時にここで二つに分かれると思います。


「為替が純粋に好き」という人と「儲かれば別に為替でなくてもCFDでもBOでも株でも225でもなんでもいい」
という二つです。

別にここで後者の答えを出した人を非難するつもりは全然ありません。

そんなの当たり前のことですから。

ただ、純粋に好きであれば、より多くを知ろうとし、より多く知った事を実践しその結果として成績が上向いて行くと
いう結果になりやすいという事ができます。

逆に「なんでもいい」となれば、より多くの知識を得ようとせず、知識がないために実践をしてもうまく行かず結果、
成績が上向かず最後には投げ出してしまうという結果に陥りやすいと言えると思います。


日本のことわざに

「好きこそものの上手なれ」

ということわざがありますが、正にこの部分こそがゾーンに入る為に必要な最低の条件だったりすると思います。


ちょっと話がずれましたが「ゾーンに入る為の前提」という事で書いてみました。

メンタル系の記事を書くとどうしても長くなります(苦笑)

流石に一気には書けないので不定期に続きます。







おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

関連記事

FX 「ゾーンに入る技術」 辻秀一著

昨日は知り合いの送別会で久々に飲みました(笑)


さて、本を一冊紹介しておきたいと思います。

フォレスト出版
辻秀一著 



です。

メンタル系の本はかなりの数読んでますが、★は二つ半って感じでしょうか?

ゾーンに入る技術っていうタイトルなのでゾーンに入る技術が書いてあるのかな?と期待して読んだんですが、結
局、そういう技術面に関しては全く書かれていないんで最後には「?」という感じになる本です。

まぁ、買ってもいいかって言われれば「お金が余ってるんだったらいいんじゃない?」って感じです(笑)

おすすめの本じゃないですね(苦笑)







おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

関連記事

FX  この本だけは絶対読め!!


読め!!ってのも偉そうですが(笑)

まぁ、読んだ方がいいよって事です。

お勧めの本の中にも書いてありますが


パンローリング社 ウィザードブックシリーズ

マーク・ダグラス著



『 規律とトレーダー 』

です。

トレード手法がどうのとかという本ではありません。

ただ、この本は読むタイミングが難しい本なのは確かです。

為替を始めたばかりで「手法」を探し回っている人が読んでも今ひとつピンと来ない事の方が多いと思います。

この本を読んで欲しいのは「負けが込んでいる人」です。

手法自体に関してはある程度できあがっているけれど、何故か勝てない人っていうカテゴリの人には是非、読んで
もらいたい本です。


訳が冗長でちょっと分かりにくい部分がありますが、言っている事は「トレードはメンタルが最も大事」という事をあらゆる側面から言っている本です。


例えば、第4部 第16章 「成功に至る道」の中にこういう一節があります。

「トレーダーに取って大切な事は、お金を儲ける事よりも自分で決めたルールを遵守する事である。それができないとどれだけ利益を上げても、いずれはその利益の全てをマーケットに持っていかれてしまう」

という一節があります。


また同じ16章の中の一節では

「客観的な見方を学ぶには、マーケットはこのようになるはずだというような先入観を持たず、マーケットではどのような事も起きると言うように考えなければならない。そうすればなにが起こっても恐れる事はないし、マーケットからの情報を回避したり歪曲化する事もなくなる。(中略)マーケットに対して客観的であれというのは、「強い願望による期待感」でマーケットを見るのではなく「いろいろな可能性を中立的に評価するという意味である外部の世界(マーケット)と効果的に交流するには、一定のルールを順守しなければならない(後略)」

とも言っています。

これはある程度の経験があり「なんで勝てない?」というレベルの人が読めば「あぁ、そうか」と納得できる部分
ですが、とにかく手法だけを探し回っている人が見ても「なんのこっちゃ?」という風にしか捕らえられないと思
います。

人間とは悲しい生き物でいくら「トレードはメンタルが最重要」と言われても自分が失敗をし悩みの森の中でさま
よった後でなければ、頭の中に染みこんでいかないものでもあります。

そういう意味では「失敗は宝である」とも言えると思います。



まぁ、ゴチャゴチャと書きましたが、要は「この本だけは絶対読め!」って話です(笑)








おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 
関連記事

一目均衡表を使った手法の種

なんだかさっきの記事で手法の種のカテゴリー記事を書いたら萌えてきた。

いや、違う。燃えてきた。

で、今度は一目均衡を使った手法の種を書いてみます。

一目

表示したのはユロドルの4時間足にMT4標準の一目均衡表を表示したモノです。

パラは上から5,10,52です。


エントリー条件は簡単。

① 雲を上抜けして終わったらL方向にエントリー。

② 雲を下抜けして終わったらS方向にエントリー。

③ 黄色のラインが赤のラインとクロスしたら手仕舞い。

これだけです。

で、画像の成功したパターンは一回目のエントリーが+65弱、2回目は+75弱となってます。

あくまで雲を上抜け、下抜けしたタイミングでのエントリーが条件ですから雲の中でウロチョロしている場合は無
視します。

この手法の種の場合、非常に機械的に淡々とできる所でしょうか。

欠点は時間が長いって事。

ヘタすれば1日どころ2日、3日とポジションを持ち続けなければいけない所です。

まさかズッと寝ずに監視し続けるって訳にもいきませんしどうすればいいんでしょうね?

例えばの話ですが、エントリーしたら決済専用のEAを動かして決済だけはEAに任せちゃうとかってのもありか。

あ、だったら全部、EAでもいいのか(苦笑)



ちなみにこういう手法の種ってのは数限りなく頭の中に浮かんできます(笑)

アクセス解析を見ると、この手法の種っていうのを一つのカテゴリに分類してありますがアクセスが一番多いカテゴリでもあります。

まぁ、当然っちゃ当然ですね。

こういう為替系のブログを見る人って「なんか手法は落ちてないかいな?」という事で見に来る人がほとんどでしょうし、さもありなんって感じです。

ただ、注意してもらいたいのは手法の種の中に分類している記事は基本、全く検証していませんので使えるか使えないかは全く分かりません。

もちろん「使えるかな?」という事で書いている訳ですからある程度の優位性があるのは間違いないと思います。

ただ、レンジの際にどうする?とか再エントリーの条件は?とかという詳細な部分に関しては全く詰めていませんし、その辺は拾っていった人がどうするかですので「使ったら損した!」って言われても責任は取りません(苦笑)

また、手法の種カテゴリの中にある手法の様なモノについての質問を何件か受けていますが、一切お答えしていませんし今後もお答えしません。

と言うのは検証も十分ではないモノに対して無責任に答える訳にもいかないからです。


ちなみに手法の種カテゴリにあるのは全てトレンドフォロー型の種であり逆張り型の種は一つもありません。

そんなこんなでよろしくお願いします。

なにがお願いしますだか分からんな(笑)









おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ





関連記事

逆張り手法の一例

今日も寒いです。
関東地方は雪って言ってましたが結局、雪は降りませんでした。
でも寒い。

さて、ちょっと手法を一つ紹介してみます。

ただ、注意して貰いたいのは紹介しているだけで決して推奨している訳ではないというところに注意して下さい。

kairi11111


上の画像を見て下さい。

まずチャートの説明です。

使用する足はどの通貨であれ1分足です。

真ん中の移動平均線のようなモノはGinaMAというインジケータ。
そのGinaMAを中心として両側に開いている黄色のラインはkairi_Linerというインジケータです。
kairiの両方の幅は13PIPSずつ。

という設定になっています。

エントリールールは簡単です。


① エントリータイミングは上もしくは下のkairi_Linerを抜けた段階でエントリーする。

② エントリー方向は抜けた方向と逆。下に抜けたらL、上に抜けたらSとする。

③ 手仕舞いはエントリー値から13PIPS固定。

④ ストップは100PIPSとする。

これだけです。

この手法はマーチンゲールを使用していてストップに掛かった場合にマーチンゲールを発動するという形になっています。

マーチンゲールとはギャンブルの必勝法と言われる方法で負けたら前回かけた枚数の倍、次も負けたら前の倍という様に売買でかけていく方法です。

要はナンピンです。


この手法のマーチンゲール導入の方法は


① エントリーし思惑と逆に行かれた場合は、ストップが100PIPSになるまで放置。

② ストップ100PIPSにヒットしたら次はポジション枚数を2枚にして、リミットを100PIPS、スト  ップを100PIPSにして更に放置。

③ 更に100PIPSのストップにヒットしたら枚数を4枚にしてリミットを100PIPS、ストップを10  0PIPSにして放置。

②から③を繰り返す。


という方法です。


ここでマーチンゲールについては、このサイトが詳しいので興味のある人は見てみて下さい。

要はマーチンゲールの欠点はどこまで連敗数が伸びるか分からない = 無限の資金が必要になるという部分にあります。


では、この手法を見てみます。

画像の局面では13PIPSの利益を得る事に成功していますが、最大含み損は80PIPSとなっていますからストップにヒットせず成功した局面です。


では次に下の画像を見て下さい。

kairi22222222222


この局面も最大の含み損は80PIPS位に収まっていますからストップに掛からず成功している局面です。

ここで問題になってくるのはエントリーは1/15で手仕舞いは1/17という部分です。

ほぼ二日間、ポジションを持ち続け含み損80PIPSの恐怖に耐え、得られる利益が13PIPS。

これをどう判断するかは個々人の考え方ではありますが、私個人としては効率が悪すぎるのではないか?と思います。


では、この方法が有効に機能するのはどういう場面かを考えると答えは簡単で「レンジの局面」です。

要はこの手法はレンジ局面で且つ、レンジの上下限幅が13PIPS以上ある場面であれば有効に機能します。

ただ、トレンドが出てしまうと破綻とは言わないまでも延々と含み損に耐える必要が出てくる訳でかなり資金効率が悪くなるのは目に見えています。

仮にもし使うとすれば、レンジが発生しやすい東京時間を中心に使えば、もしかしたらうまく機能するのかも知れません。

その部分は全く検証していませんので「知れません」としか言えませんし、検証する気はありません(笑)


この手法はある人の書かれた本の中に出ていた手法ですが、その本の中で著者の方が「闇雲にエントリーするのではなく勢いを見るのが大事」と書かれていたのが印象に残っています。


つまり、ロング方向のkairi_Linerを抜けたからといって闇雲にショートでエントリーするのではなく
ロング方向からショート方向に戻り始めたタイミングを見てエントリーして下さいという文章が書いてありました
が「だったら敢えて逆張りじゃなくて順張りでいいんじゃね?」と思ったのは内緒です(笑)



ちなみにこの記事は逆張りを使えない、順張り最高と言っている訳ではありませんから誤解のないようにお願いします。

私自身は順張り以外はやりませんし手法自体もトレンドフォロー型の手法です。

だからと言って逆張りはダメだとも思いませんし、勝てればなんでもいいんじゃね?というスタンスです。


ただ、この逆張りスタイルの手法に何かしらのインジケータを導入していけばかなり使える手法に変身するんじゃないか?と思ったりしますが、検証する気は全くありません(苦笑)









おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

1/21に引いたユロドル フィボナッチエクスパンションとフィボナッチリトレースメントの1/22の結果

122 fe

1/21にこの記事で引いFEとFRの結果です。


高値はFRの1.33710で止まり、安値は、ほぼ1.32641で止まっています。

特に高値は


『 断言しましょう。次に止まるのは1.33627から1.33710の間で止まります。嘘ですw、FEとFRがその辺にあるってだけですw 』

という発言をツイッターでしましたがきっちり1.33710で止まりましたね(笑)

この1.33710というレートはFRの78.6%の所に位置していますがMT4のデフォルトのFRには78
.6%という数値はありませんから、レジサポを探すのにFE、FRをしようするのであれば78.6%という数
値は追加しておく事をお勧めします。

さて、1/21の朝の段階で引いたFE,FRが1/22終了時点でも有効に機能しているのが分かると思います。

FE、FRはレジサポを探す一つの方法ですが、たった二日間ではありますが有効に機能していると実証できてい
ますし、今までFE、FRを使った事がないという人は使ってみる事をお勧めします。

ちなみにFE,FRを使った場合、以前にも書いていますが「この各々のラインの近くでは動きに変化が出るかも
知れない」という視点でトレードするべきで「動きが出るはずだ」という決め打ちをしてしまうと痛い目を見ます
から注意して下さい。






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 
関連記事

鳩ポッポ

すみません。この記事は為替にも株にもなんにも関係ありません。イヤな人はスルーして下さい。

鳩山という人は首相時代に沖縄の普天間基地の移転問題で日米関係をグチャグチャにし、国連に行きCO2削減の数値目標を勝手にぶち上げで混乱を招き、親から月1500万以上のお小遣いを貰い脱税を指摘されたにも関わらず罪に問われずという、正に話題に事欠かない人物です。

経歴は華々しく、東大工学部を卒業しスタンフォード大学に留学、祖父は自民党初代総裁の鳩山一郎という華々しい経歴です。

この鳩山元首相が中国に行って「尖閣諸島は係争地である」旨の発言をして、中国側から賞賛を受けてるというニュースを目にしました。


そりゃそうです。

中国にしてみればゴリ押しで尖閣を手にしようとしているところに元首相が「係争地である」なんていう目が点になるような発言をしてる訳ですから喜ばないはずがない。

日本としては尖閣は日本の領土であり、他国と領土問題で揉める余地はない = 係争地ではない

という立場をずっと取り続けている訳で、それと真逆な発言を元首相がする訳ですから中国にしてみれば正に「し
てやったり」という事だと思います。

現政権の某氏から「国賊という言葉が頭に浮かんだ」って言われる位ですから、その空気の読めなさっぷりにはホントに驚きます。


私はこの記事を見ていて

「真に恐るべきは有能な敵ではなく無能な味方である」

という言葉が頭に浮かびました(笑)


どうでもいい記事でした。





おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 
関連記事

株と為替

株と為替の関係はどうなの?という記事ではなく、株のデイトレってどうなんだろうって話です。

私が株をやってたのはずいぶん昔の話です。

当時、バブルの真っ最中で周りが「株をやらずば人にあらず」なんていう雰囲気だったのもあって、株に手を出してました。

当時は、なにも分からなくても買ってれば上がるっていう時代でしたから結構、おいしい思いをさせていただきました。

それがバブルがはじけると共に買ってた株が軒並み下落。

儲かった以上の額を吐き出しました。

それで出た結論が「株は分からん」という結論(笑)

で、未だに株には拒否反応があったりします(苦笑)



ただ、最近、株ってどうよ?っていう興味を改めて持ってたりします。

私は為替においてはテクニカルトレーダーだったりするので、株にも適用できるのか?ってのが興味があります。

為替の場合、MT4という非常に有名なプラットフォームがありますが、株ってそういうのってとんと聞きませんし、どうも調べた限りではMT5が株に対応しているようではありますが、それとて証券会社がMT5での売買をできないといけない訳です。


株の方では楽天のマーケットスピード(?)が有名らしいんですが、それでもMT4並の機能がある訳ではないらしいし。

自分のストラテジが株に対してどういう風に対処できるのかという部分にすごく興味があるんですが、東証一部の上場会社数だけでも1700超ある様なのでその中から上がる株を探さなきゃいけないってのも、どうにも敷居が高いと思ったりします。

東証の株価に連動してMT4を動かすプログラムでも組んでみようかな?なんて思ったりしてます。
思ったりしてるだけでやるかどうかは全く未定ですが(笑)

誰か株の事、教えてくれませんかね(笑)


それとも株ってやっぱりバフェットみたいにバリュー投資ってのが一番いいんでしょうかね?


与太話でした。






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

関連記事

FX レンジ相場をどう避ける? 

昨日(1/21)のユロドルは昨今には珍しい程のレンジ相場でした。

で、ふと、レンジ相場を避ける方法を書いてみようと思いました。

が、期待させといて申し訳ありませんがレンジ相場を避けると言うか、事前に知る方法はありません。

そもそもトレンドの終わりと同じで「ここからレンジに入りますよ~」というのが分かれば苦労はしません。

要は先の動きを示してくれるテクニカルなんてある訳ないのでレンジ内でトレードしない為には、対症療法しかありま
せん。

対症療法ってのは、目の前に現れた症状によって対処していくという方法です。

ちょっと具体的に書きます。


この「レンジを避けたい」という話題はSOCの中でも以前、話した事がありますが結局のところ、これという解決方
法が見つけられずにいます。

見つけられませんというのも悔しかったりするので、対症療法の一環として、あるインジケータがある一定の幅の中で
推移している場合はレンジと疑うという方法を取るように話してはいます。

とは言え、これも決定的な解決方法にはなり得ないと思っています。

ある一定の幅の中を推移していると言っても、レンジには幅というモノがあり、その幅を可変で設定する事はできない
為に最大公約数的に幅を決めていくしかありません。

その為、その幅以上のレンジだった場合、簡単に引っかかってしまうという結果になってしまいます。

という事でレンジを避ける決定的な方法はないと言っていいと思います。

ただ、これは私の能力の中では見つける事ができないという意味であって、世の中には転がってるのかも知れませんが
個人的には聞いた事がないという意味です。

決定的な方法ではないまでも何とかレンジの兆候を察知する方法はないか?という事ですが、私が言っているのは


「サインが揃って問題なく動くはずの局面で思った方向に動かなかったらレンジを疑え」


とは言っています。

要は「エントリーするのに問題ないサインが揃ったにも関わらず、その方向に進んで行かない時はレンジを疑う」とい
う事ですが、この場合は薄利もしくは損切りになってしまう可能性が高い訳で要は骨を切らせて肉を絶つというなんと
も危ない方法ではあります。


ただ、今のところ私に思いつくレンジを避ける方法ってのはこれ位しか思いつかないです(苦笑)



レンジの話になるとなんとも歯切れの悪い記事になってしまうのは自分でも分かってますが、これくらいしかないのかなぁと言うのがホントのところだったりします。

kakutei.jpg





おきてがみ

follow us in feedly

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
 
関連記事

FX ファンダメンタルは必要か?

「ファンダメンタルズ」についてです。

以前も記事にしたかも知れませんが私はファンダメンタルズは一切気にしません。

と言うよりもなにがなにやらよく分かりません(苦笑)


「イギリスの金利が上がりそう?へぇ。それで?」

「アメリカの失業率が下がった?そうなんだ。で?」


ってな感じです。


私の様なトレード形態を取っているとファンダメンタルズを気にしていてはなにもできません。

目の前に出ているチャートの中の現象が全てです。


イギリスの金利が上がろうが、アメリカの失業率下がろうがどうでもいいです(笑)


有名な言葉に「チャートは全ての事象を折り込む」という言葉がありますが、私は目の前のチャートしか信じませ
んし、人の相場予測やファンダメンタルズ分析を参考にした事は一度もありません。


もちろんファンダメンタルズでトレードをしている人間も知っていますし、それを否定するものではありませんが正直


「10分先の事も分からないのによく一週間もポジションを持っていられる」


といつも感心します。

これは揶揄している訳ではなく本当にそう思います。

もちろん、スイングを指向するにはそれなりの理由がある訳ですし、それは人それぞれです。



その人がどういうトレード手法に落ち着くかはその人の性格に由来する部分が多分にあるような気もします。

私の様に気の短い人間はスキャルピングのような手法を、気の長い人間はファンダメンタルズを折り込んだスイン
グトレードを志向するのかも知れません(笑)






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

関連記事

FX 利確に役立つちょっとしたルール

今日は利確に関して書いてみます。

毎回毎回、精神論ばっかりじゃおもしろくもなんともありませんし(苦笑)

以前の記事で1分足での利確は避けるようにという記事を書いた事があります。

利確に迷う人っていうのは、実を言うと5分足であろうが1分足であろうが迷うのは迷います。

と言うよりもどの時間足を使っても迷う人は迷います。



しかし、より時間軸を長く取る事で「あそこで我慢してればもっと取れたのに!」という後悔を排除する事が可能
です。


1分足に比べて5倍の時間軸ですから耐えている間の精神的なプレッシャーは5倍になります。その辺は致し方ないところではあります。



で、具体的にどうするか?って話です。

まず、5分足で利確しようとする場合は、以下の条件を適用します。


条件1

5分足で前回の足の実体の長さより短い足が3本連続した場合は利確する。

※ここで注意が必要なのはヒゲの先端ではなくあくまで『実体』ですから注意して下さい。



条件2

前回と逆の足の色(前回が陽線の場合は陰線、陰線の場合は陽線)が出たら利確する。



条件3

ただし、条件1の条件を満たした場合でも上昇トレンドの場合は、終値が前回の足の終値以上だった場合は、上昇トレンド継続と判断しホールド。

下降トレンドの場合は、終値が前回の足の終値以下だった場合は下降トレンド継続と判断しホールド。

で、検証します。



画像は2月11日のチャートです。

5分足その1


今日のチャートです。


5分足 その2


上記で上げた3つの条件を他の日にちのチャートを見て自分なりに検証してみて下さい。

注意しておきますがエントリーポイントは適当です。

それから、このルールをレンジの時に適用すると簡単に死ねますから注意して下さい。


私の手法はレンジの時は避ける形ですので、どちらかにトレンドが出ている状況の時の話だと理解して下さい。

もう一つ注意点ですが、この利確条件は一例として考えて下さい。


ちなみに、エントリーあるいは利確が不得意な人には非常に似通った特徴があります。

特に利確に関しては顕著ですが、利確に関しての明確なルールを設定している人をほとんど見た事がありません。


大体の人が「なんとなく」という勘で利確をしているのが現状ではないでしょうか?

ほとんどの人が「エントリーポイント」関しては血眼になっていい方法はないか?と探し回りますが、事「利確」
についてはあまり重要視されないのが現実です。


また、エントリーに関してはルール付けがしっかりできているのに「利確」に関してのルールが非常に曖昧なパタ
ーンが多い様な気がします。


また、「自分なりのルールを作って下さい」という話をすると全てのパターンに完璧に対応できるルールを作ろう
とする人がいますが全ての局面に完璧に対応できるルールは絶対にできません。

100個の主要なパターンの内、80個のパターンに適用できるルールができれば御の字だと私は思っています。


最後にもう一つだけ。

エントリールールも利確ルールも車の両輪です。

エントリールールだけがが完璧でも、逆に利確ルールだけが完璧でもダメです。


また、いくらルールが完璧であってもそれを執行する人間が、その場その場でルールを曲解または歪めていてはいつまで経っても完成する事はありません。


明確なルールがあり、それを淡々と執行できる精神力がトレードを行って行く為の最も必要なモノだと思います。







おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

関連記事

FX 持ち家か賃貸か? どっちがお得?

この記事は為替の事は一行も書いてません。イヤな人はスルーしましょう(笑)


先日、すっごく変なメールが来ました。


「今、家を買おうか、それとも賃貸の方が得なのか迷ってます。アドバイスお願いします」


ってメールです(苦笑)

「え??これって為替関係のブログだよな??」

自分でブログ書いてるにも関わらず、思わず確認してしまいました(笑)

で、メールをくれた方に「なんで?」って聞いてみたら、為替をやってるのはやってるそうなんですが、と同時に
不動産の事で悩んでるんだそうです。

で、こないだ私が元不動産屋だってのを知って相談してみようと思ったそうです。

まぁ、いいですけどね(苦笑)

で、結論から言うと


住宅ローンを使わないんだったら持ち家がお得。
住宅ローンを使うんだったらどっちでも一緒。



です。

金銭的な部分を考えて行くと住宅ローンを組むんだったら金利やその他諸々の費用を計算していっても、生涯に住
居に掛かる費用は賃貸とは大した違いはありません。

なんで、住宅ローンを組むんだったらどっちでも一緒。


住宅ローンを組まないんだったら持ち家の方が断然お得。

ただ、家を建てる人の90%以上がローンを組むって現実を考えたら、結局は自分の好みの問題です。

自分の城を持ちたいか、それとも飽きたら気楽に住み替えしたいか。

その二者択一です。


ちなみに

子供をこれから作ろうと思ってる夫婦がマンションを買っちゃダメ。


です。


よく若い夫婦が「キレイな新築マンション買いたいよねぇ」なんて浮かれてるの見ますが、こんなのは地獄の一丁
目にいるようなもんです。

まぁ、百歩譲って子供のいない若夫婦がマンションを買うんなら少なくとも80㎡超のマンションを買わなきゃダ
メ。

昔に比べて今のマンションって広さが広くなってる傾向にはありますが、それでもマンションって大まか60㎡台が
主流です。

なんで80㎡台のマンションじゃなきゃダメって話になるかって言うと、平均的に今の世帯って子供が二人ってのがほぼ主流。

で、子供が小さい内ってのは60㎡台のマンションでも十分OKです。

ただ、子供っていつまでも赤ん坊じゃないんですよね。

必ず成長する。


そうすると必ず手狭になるのは目に見えてます。


「よ~し、じゃあ、一戸建てに住み替えよう!」


って張り切ってみたのはいいモノの住宅ローンがしこたま残ってて、今のマンションを売っても借金が1000万近く
残る。

手元には500万しかない。

買い換えられねぇじゃん・・・

なんて話がなんぼでもゴロゴロしてます。

まぁ、実際は新しく買う方に残りの借金を乗せて借りればいいんで、方法がない訳じゃありませんがどっちにしたって
しなくていい借金をしなきゃいけない。

事ほど左様に、子供のいない若夫婦が「よ~し、新築マンション買っちゃうぞ~」なんていうのを見てると何となく生
暖かい気持ちになります。

って事を書くと


「え~、だって営業マンが将来、買った時の値段くらいで売れるから大丈夫って言ったよぉ」


って声が聞こえてきそうですが「へ~」ってなもんです。

営業マンってのは売るのが仕事です。

売れればなんだって言います。

大体、買ったマンションを売るのって大体20年くらい先の話です。

20年先にその営業マンが生きてるかどうかすら分からないんですから、そりゃ適当な事、言いますよ(笑)

それはさておき。

マンション買うんだったら


駅から10分以内でしっかりとした会社の作ったマンションじゃなきゃダメです。

例えば三井、野村等々。

この辺の会社のマンションって聞いた事もないような会社のものより高いです。間違いなく。

なんでかって言えばモノがいいから。

モノがいいってのは売る時にも値が下がりにくい、売りやすいってのがあるんです。


私の住んでるエリアのちょっと奥に行くと

「駅から徒歩20分。80㎡超で1890万円!」

なんて聞いた事もないような業者が新聞に折り込み広告入れてますが、これ買った人、将来痛い目見ると思います
よ。

まぁ、売れても500万位じゃないでしょうかね?


なんか話が変な方向に行っちゃいそうなんでこの辺にしときます。


しかし、メールをいただくのはすごく嬉しかったりするんですが、できれば為替関連のメールだともっと嬉しいです(苦笑)

別に不動産の話も嫌いじゃないですが、一応、為替関連ブログなもんで(笑)







おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



関連記事

引っ越し

~ 引っ越ししようと思ってます。


と言ってもブログの引っ越しではなく、リアルな引っ越しです。

今の部屋は80㎡超の広さの3LDKなんですが、広すぎで掃除が追っつきません(苦笑)

それに実際に使ってる部屋は仕事部屋と寝室とリビングの一部のみ。

一部屋は完全な物置部屋で開かずの間と化してます。

まぁ、一人で暮らすには贅沢な広さっちゃ広さです。


で、引っ越し先をいろいろと探してみたりしたんですが、なかなかいいとこないですね。

広さは2LDKで駅からの距離とかはどうでもいい。駅使わないんで。

別に夜中にコンビニ行く趣味もないし、買い物行くには車で行くんでどうでもいい。

最大の条件はネット回線で光が入ってる事。

まぁ、これも自分で入れればいいだけの事でどうでもいいっちゃどうでもいい。

って事は、選ぼうと思えばいくらでも転がってます。




でも、なんとなく食指が動かない。



要はめんどくさいんです。

引っ越しするのが。

でも、今の部屋も広すぎてイヤだし。でも引っ越しも面倒だし・・・

って行ったり来たりしてます(苦笑)



誰か月3万くらいで掃除だけしてくれねぇかなぁ~



グチでした。





おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 
関連記事

腑に落ちるという事

ある方からメールを頂戴しました。

一部を転載します。


---------------- 転載ここから ---------------------


今日、パンローリングの『高勝率トレード学のススメ』を買ったついでに、目に付いたので、同じパンローリングの『脳とトレード』を買いました。

いま、『高勝率~』を後回しにして、『脳とトレード』を夢中で読んでいます。

私は何か、大きな思い違いをしていたような気がしております。

昨夜、軒下のネコさまのブログを隅々まで拝読して得たことが、この本を通して今、ストンストンと肚に落ちる感じが
致します。

もちろん、錯覚かも知れませんが、少なくともこれまでと何か違う感じが致します。


---------------- 転載ここまで ----------------------

恐らくこの方の中で「点と点が繋がって線になった」という状態になられたんだろうと思いま。


ブログや本で得る知識というのは、単なる知識にすぎず「点」にしか過ぎません。

知識はいくら頭の中に詰め込んでも知識にしか過ぎません。「点は点」です。

点をいくら集めたところで相場の中を泳いで渡る事はできません。


「移動平均線の作り方はこう」

「ストキャスの計算方法はこう」

「MACDの・・・」


これはいくら詰め込んでみたところでテクニカルの仕組みを理解したというだけに過ぎません。


この点と点、知識と知識を結びつけ実際に行動に移していく事で知識という点が知恵という線に変わっていきます。


「移動平均線がこういう状態になったら売り」

「ストキャスがこうなったら買い」


これが線。

知恵です。

知識を得るためには努力する必要があります。


本を読む。

ブログを読む。

セミナーに出てみる。

etc

そうして得た知識はいずれ結びつき、知恵というモノに変化していきます。

知恵に変化していけば、その知恵を更に昇華させて行くために更に知識を得たいという、良い循環が生まれます。


この方の場合、私のブログを読んでいただき本を買った。

そこに今までの経験がプラスされ点と点が繋がったという状況になられたんだろうと思います。


この「天の啓示」にも似た状況というのは知識を得る努力をしていれば、いつかは誰にでも必ずやってきます。

中学の頃、数学の因数分解が分からなかったもものが勉強をし続けていく事で「分かった!」となる事があります。

正にこれと同じ事が間違いなく起こります。

その為にはどうするか?



知識を得る努力を怠らない事。



これが一番、大事です。

知識を得る事が大好きな人。

こういう人はどんな世界においても成功すると思います。


知識を得る事が大嫌い、努力をする事が大嫌いな人。


どんな世界でも成功はおぼつきません(苦笑)


知識を得る努力を怠らない様にしましょう。







おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 





関連記事

FX L脳、S脳  それはいわゆる思い込み

L脳、S脳って聞いた事ありますか?


L脳 ~ Lしか考えられない。

S脳 ~ Sしか考えられない。


っ事ですが、普通に考えると相場はLの局面もあればSの局面もある訳で「Lしかない!」とか「Sしかない!」って思い込む事自体があり得ないワケです。


「チャートを目にしていない状態であれば」


です。

これって割とテクニカルトレーダーに多いかも知れませんが、チャートを目の前にすると何故か「○しかない!」って思い込んだりすることが多いようです。


以前、SOCで個人セミナーをやった時の事。

受講生さんが「Sしかない」と言い張った場面がありました。

私的には「そうか?」と思う局面だったので受講生さんの主張を聞いてみると、自分の思い込んだ方向にテクニカルの指
示をむりやりあてはめているという状況におかれているようでした。


要は

「予想ありき」

であり、自分が「Sだ」と決めてしまいその結論に沿ってテクニカルを解釈しているという本末転倒な状態でした。

結局、その時はそう指摘する事で事なきを得た状態でしたが、思い込むと言うのは非常に危険です。

人間には皆、物事が「自分の思う通りに行って欲しい」という内なる願望があります。

その願望に沿って目の前の状況を恣意的に判断し、それがテクニカルが補完するという悪循環に陥る事がままあります。


思い込む事が決して悪い訳ではありませんが、大抵の場合、全く逆の結果になる事の方が多いと思います。


思い込む事なくテクニカルが言う事を素直に聞く事。


これがテクニカルを使う究極の極意なんじゃないかと思ったりします。

極意ってのは大げさか(苦笑)


これはこのブログの中で何度も言っている事ですが、思い込み = 予想をする事 には百害あって一利なしだと私は思っていますし、この考え方は誰になにを言われても絶対に曲げませんし、変わる事はありません(笑)







おきてがみ


 
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

関連記事

FX 15分足手法 ちょっと嬉しい事

ょっと嬉しい事があったので書いてみます。

頂戴したメールの内、一部を転載します。


------------ 転載ここから -------------------

師匠

大変、ご無沙汰しております。

○○です。

先ずは近況報告です。

( 中略 )


大変な1年でした。

ということで、FXはしばらく、お休みしておりましたが

10月より、ボチボチと再開いたしました。

12月はアベノミクス効果もあり、611.1PIPS(12日トレード、ユーロ円)を

獲得出来ました。

これも師匠の手法のお蔭であり、感謝申し上げます。

今年は昨年、掲げた「手法の定着とそれなりの利益確保」の目標に

再度、チャレンジ致します。

その後押しになる手法を戴けるとのこと、重ねて、感謝申し上げます。

( 後略 )

------------ 転載ここまで -------------------


この方は15分足手法を利用されている方です。

昨年は、プライベートでいろいろとあり大変だったご様子ですが、12月に600PIPS超の利益を上げられた
との事で立派なモノです。

もちろん相場の地合がよかったというのもあるかも知れませんが、それ以上に諦めずに真摯に相場に向き合っていらっ
しゃる事がこういう幸運を招いているという事もできると思います。

この方はずいぶん以前に15分足手法を手にされて実践されてきていると記憶していますが、私が折りに触れて言って
いる「諦めない」という事を体現されているようでとれも嬉しいです。


相場環境というのは時々刻々と変化していくモノではありますから、幸運な時ばかりではありません。

ただ、いろいろな時期を経験していくことでいずれはそれが自分の血と肉になっていく事でしょうし頑張っていただけ
ればと思います。




こういう記事を書くと「宣伝か」と言われるでしょうけど、まぁ、気にしません(笑)

ちょっと嬉しい事でした。





おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


関連記事

昨日の記事の結果検証 by フィボナッチエクスパンション

昨日書いた記事の結果です。

天底


赤のラインが引いてあるのが昨日の記事で書いた気になるポイントです。
若干、ずれてますがご愛敬。


さて、昨日の天が1.33234でFEが1.33195で4PIPSの差。
昨日の底が1.32485でFEが1.32550で約7PIPS差。




この結果をみてどう思います?

これって昨日の記事でも書きましたが「今日の天底はここ!」って言ってる訳ではないところに注目しないとダメ
です。

何度でも何度でも何度でも何度でも書きますが、FEにせよFRにせよどんなラインにせよ


「ここで動きに変化が出るはずだ!
「だからここで○○だ!」


という使い方をしちゃダメです。


正しい使い方は

「ここで動きに変化が出るかも知れない
「動きに変化が出たら○○しよう」

です。



要はなにが言いたいかというと

「ラインを使う目的は予想をする為に使うのではなく、動きが変化するかも知れないポイントを事前に知りそのポイントに達した時の動きを観察し、その時、取り得る最上の対処を取れるようにする為にラインを引く」

と言うことです。


ぶっちゃけて言えば

「予想するために使うのではない」

と言うことです。


FEやFR等のいわゆるレサポラインというのは、戦術を立てるための情報の一つであってそのラインを盲信して、事
前にそこに何らかの仕掛けをしておくという類いのモノではないと言うことに注意が必要です。


まぁ、かなり独断と偏見に満ちた記事ではあります。

「そんな事ねぇよ!ラインは予想するためにあるんであってそれ以外の使い方なんかない!」

って人もいるでしょうが、そう思う人はそういう使い方をすればいいだけの話で「絶対、こう使え!」と言ってる
訳じゃありません。

私はこう使ってるってだけの話ですから。








おきてがみ
 
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事

FE改造方法

今日のブログにFEの各ポイントを書いておきましたが、まぁ、これはご愛敬。

で、FEの改造方法に関しての質問が先日きましたのでちょっと書いておきます。

まずオリジナルのFEは61.8、100.0、161.8の3ポイントだけを表示する仕様になっているようですが
流石にこれだけではレジサポとしてはスカスカすぎるかなと。

で、これを改造します。


① FEを表示

② FEの赤いライン上を右クリックしてFEのプロパティをクリック

③ フィボナッチレベルのタブをクリック 

④ 追加をクリック

⑤ レベル設定に0.0566を入力(全て半角)

⑥ 説明にFE 0.0566 %$を入力(全て半角)


⑤ ~ ⑥を


0.0556

23.6  

38.2

50.0

61.8

78.6

100.0

-0.0566

-23.6

-38.2

-50.0

-61.8

-78.6

-100 


という数値毎に繰り返す。


上記がFEを改造するための方法です。

ちなみにFEの0.0566と78.6という数値は独自に計算して出した数値になります。

kakutei.jpg





おきてがみ

follow us in feedly

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
 

関連記事

ギャンの価値ある28のルール

ギャンの価値ある28のルールってご存じですか?

ギャンについての説明は割愛しますが、ちょっと長くなりますが全文引用してみようと思います。ギャンは株の相
場師ですから株相場を例に取ってありますから、為替とは若干違う部分もありますが、ほとんどのルールはそのま
ま適用できます。




1 資金を10等分し、1回の取引額は全資金の10分の1とする。

この辺はどうかな?って気はします。
私的には全資産の1/2,更にその1/2が為替に突っ込む適正額かなと思っていたりします。
まぁ、これは1回のトレードに突っ込む額って話ですから、適正なのかどうなのかは判断が分かれる部分だと思い
ます。



2 ストップ・ロス・オーダー(逆指値注文)を使い、ロスカットは最小限に抑え
る。


この辺はよくやる失敗ですね。SLにタッチしそうになると戻るんじゃないかというなんの根拠もない希望と観測
でSLを動かしてしまうという失敗をやりがちです。



3 過剰な取引をしない、資金配分を守る。
 
オーバートレードを戒めるルールですね。

オーバートレードになりやすいのは負けが続いた時に熱くなる事と逆に勝ちが続いて負ける気がしないっていう勘
違いが出た時ですね。



4 利益を損失に変えない。含み益が出た後は、利益を減らさぬよう逆指値を上げていく。
 
意外とこの辺をやらない人が多い気がします。

SLを全く動かさないという事は最終的にそこにヒットした時に利
益どころかマイナスになる訳ですから、こまめにSLは動かすべきです。



5 トレンドには逆らわない。
 
個人的にはトレンドに素直に従う順張りが最強だと思ってます。



6 迷った時は手仕舞い、ポジションを解消する。
 
この場面に遭遇する事はあまりありません。
エントリーで勢いがあるかどうか悩む事はありますが、一度、エントリーするとあまり悩みません(苦笑) 



7 値動きがあり売買が活発な銘柄(市場)で取引を行う。
 
敢えて言うなら多通貨ペア監視という事でしょうか。



8 リスクを避けるため、分散投資する。資金の一極集中を避ける。

これは為替だけではなく株やら不動産やらって解釈するべきでしょうか。



9 指値注文ではなく、全て成り行き注文で売買する。

このルールに関しては、エントリーに関して指値を使う事はあまりありません。



10 根拠の無い理由では手仕舞いしない。

これは難しいですね。

どこに根拠を求めるかって話になりますが、一番やってはいけないのは手仕舞いをする時に今回はこのインジケー
タを根拠にして、次のトレードではこのインジケータを根拠にするというやり方だと思っています。「利確はこの
インジケータがこうなったら利確する」という様に根拠を得るためのインジケータは一定に保つべきだと思います




11 利益は蓄積し、一部は別口座に移し、緊急時に備える。

これは割愛します。



12 配当やわずかな利益目当てで売買しない。

これは割愛します。



13 難平(ナンピン)をしない。難平はトレーダーの最大の誤りである。

ギャンがこう書いているという事は、ナンピンが非常に魅力的な戦略に見えるという事があるからだと思います。

以前もナンピンについては書いた事がありますが、必ず戻るという保証があるのであればナンピンは最強の戦略だと思っています。

しかし、実際には行ったっきり戻ってこないという事があり得る訳ですからナンピンは慎むべきだと思います。



14 我慢できないというだけで相場から逃げない。

これはメンタルな部分について書いたルールでしょうか。

確かに利が少し乗ると利確したくなり、損が発生すると戻るかも知れないという根拠のない希望を持ってしまうの
が人間ですが、利確に関してはできるだけ我慢する方がいい結果を出せる場合が多いような気がします。



15 小さな儲けと大きな損は避ける。

おっしゃる通り(笑)まぁ、その為に日々、精進してる訳です。


 
16 建玉と同時に逆指値を行い、これをキャンセルしない。

割愛します。



17 極端に頻繁な売買は避ける。

割愛します。



18 買いだけでなく空売り(信用売り)も積極的に活用する。

意外と買い若しくは売りしかやらないという人が多かったりします。

私の友人に買いしかやらないという人間がいますが、どう見てもチャンスの半分を捨ててると個人的には思っています。



19 値ごろ感に捉われない。安い(高い)という理由で買ってはならない。

これも意外とやる人が多いのかも知れません。

以前、ある人と話をしていて「ドルがここまで安くなってるんだから、もう上がる頃だから買う」という人がいました。

根拠を聞くと「なんとなく」という答えでしたが、その人は結局、未だにそのポジションを決済できずに持っている状況になっています。

特に株と違い通貨には適正価格という事はありませんし、場合によってはドルとユーロが等価になる事もあり得ます。「安い!」とか「高い!」という事は通貨にはありませんから注意が必要です。



20 ピラミッティング(乗せ商い)のタイミングに注意する。

ピラミッティングのタイミングは戻りを売り、押目を買うというタイミングがベストであるのはいうまでもありません。



21 上昇相場で買い増す場合、上げるほどに小さな枚数で買い増していく。

これはピラミッディングの方法を書いたルールです。

ピラミッドという位ですから、上に行くに従って枚数は小さくなるべきです。

これを逆にやってしまうとレートが下げ始めた時に大きな枚数が巻き込まれてしまい頑張って積み上げてきた利益
が一気にマイナスになる事もありますから注意しましょう。



22 ある銘柄を買い建てしていて、その価格が下がり始めた時、これをヘッジしようとして別の銘柄を空売りしてはいけない。


割愛します。



23 明確な理由なしにポジションを変えない。明確なルールによる判断やトレンド変換などの明白な理由なしに手を引かない。

割愛します。



24 充分な利益を得た後は取引量を減らす。絶好調のときでも全資金を投入しない。


これは昔、やって痛い目を見た事があります。

かなり連勝が続いて調子に乗って、今までにない枚数でエントリー。結局、どえらい負けをくらって半泣きになった事があります。



25 相場の天井(底)を闇雲に決め付けない。

ここが天底になるだろうって予想しても大抵、外れますし外れるんだったらチャートを眺めて目の前にある現象に
対処した方がなんぼかマシです。



26 他人の助言を鵜呑みにしない。自分で研究し自分のルールを持つ。

これは人それぞれな部分ですが、私はトレード前もトレード中も為替に関連するニュースもHPもブログも一切、見ません。特にその日の方向性を予想している様な文章は一切見ない事にしています。

これをやってしまうと、自分のトレードに迷いが出てしまいますし、なにより負けた時に人のせいにしてしまいそ
うになりますし(苦笑)    


27 ロスカットした後は取引量を小さくする。もし3回連続で損を出した時には、元での10分の1のリスクに抑える。

これはそのままですね。



28 間違えて入るのをさけるのと同じく、間違えて手仕舞うことも避ける。

割愛します。



全て「おっしゃる通り!」って事ばかりですが、一面「それが出来りゃ苦労せんよ」って事ばかりでもあります。






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

関連記事

フィボナッチエクスパンション 再び!

私のブログのアクセス解析を見るとキーワードのトップは

「プロスペクト理論」

がトップに君臨してます(笑)
google先生でプロスペクト理論で検索すると上から5番目に出てきます。

ありがたや~



で、検索キーワードの二位が「フィボナッチエクスパンション(以下、FE)」です。

正直これ、本人的には「?」でしかなかったりします。

FEに関してなんてこの記事くらいしか書いてないんですけどね。

不思議な話です。


それはさておきFEが有効に機能している凡例として下の画像を見て下さい。

FE23.jpg

上の画像はポンドルの日足で、有効に機能している部分には赤○をつけておきました。

どーです!有効に機能してるでしょ!

って私が偉い訳じゃないですね(苦笑)



ただ、この画像を見て

「そーか。FEってのは有効に機能するのか!よ~し!FEを使ってトレードだ!」

なんて思ってたら死にますよ(笑)


FEにせよFRにせよなんにせよ

「そのラインにタッチしたらなにかしら動きかあるかもね?

って事であって動きがありますよって言ってる訳じゃないんで注意しましょう。


よく

「FEの38.2を抜けたから50まで行くはずだ!よ~しロング発射!」とかってやってる人を見ますけど、50までいくなんて誰が決めたんですか?っちゅう話です。

はずだ!とかだろう!とかってトレードでは禁句です。



「経済学者は確信を持って曲げる」

っていう言葉を聞いたことがありますか?

要は経済のことをよく分かっているであろう経済学者ですら、外すって事です。

って事は経済学者ならざる身の我々がなんだかんだと予想をしたって当たる訳ありません。

当たったってたまたまです。

だったら目の前にある現象に素直に従って、相場のアホみたいな動きの中からちょっとだけ

「おこぼれ下さい」

っていってた方がなんぼかマシです(笑)

なんか話がずれた(笑)



FEについてのお話しでした。






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


関連記事

手法を考える方法

自分で手法を考える時になんとなくやってませんか?

ありがちなのはエントリーポイントを見つける事だけに注力していて「できた!」と思って使ってみたら、実は手仕舞いには全然使えなかったってパターンです。

これはよくありがちです。

エントリータイミングを計るのはそんなに難しい事じゃありません。
使うテクニカルを選定し、ルールを決めそのルールに従って検証してみる。

まずい部分があれば、それを修正し再度、検証。
更にマズ医部分があれば更に修正し検証。

結局はこれしかありません。

で、実際に手法を考え出す時に必要な事柄は以下の通りです。


長期のトレンドをどう捕らえるか?
どの時間足をメインにするか?
天底をどうやって知るか?
利益確定の為のルールをどうするか?
押し戻りをどう判断するか?
買い増し、売り増しのタイミングをどうやって知るか?


こんなもんでしょうか?

この中で一番、難しいのは「利益確定のタイミングをどうするか?」でしょうか?

前にも書きましたが、私は手仕舞いはエントリーの1000倍難しいと思っていたりします。

私的には手仕舞いは永遠のテーマです。



私はテクニカルトレーダーですから、全てテクニカルで実現していますが実際にそこら中のテクニカルを探し回ればこの6つの課題をクリアするためのテクニカルは必ずどこかに存在します。

私の場合、利確、エントリーともオリジナルのテクニカルを作ってしまったんで必ずしもどこかに落ちてると断言はできませんが、少なくともそれに近いものは存在していると思います。






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
 

関連記事

トレーダーの副業 その2・・・か?

元々、不動産屋さんだったんで今日の記事に副業は賃貸経営がいいよって書いたら、なんだか火がついたみたいで書きたい事がたくさん出てきてしまいました(苦笑)

これ、あるところにずっと昔に書いた文章なんですが、今と同じ事言ってます(苦笑)

-------------------------------------

分散投資って考えてます?


自分の総資産の内の何割を為替投資に使い、何割を不動産投資に使い、何割を株に投資するかとか。


私の場合、元々が不動産会社に勤めてた関係もあって為替に投資しているものの他は全て不動産に投資してます。
投資というか運用というか。

もちろん為替で儲かった金を賃貸経営に回すってのも一つの手なんですが、そうではなく借金でやったらどうなるか?ってのを考えてみました。

まず、借金で賃貸経営をするとどうなるかです。

借金といっても当然、リスクとリターンの計算はしていますから破綻する事はありません。

単純に入ってくる家賃がいくらで支払いがいくらで差し引きいくらの収入って事さえ理解していれば怖いもんでは
ありません。


実際は税金、管理委託費用、修繕積み立て、補修費なんかがあるんでめんどくさい損益計算はしますが。

仮に古くなって借りる人がいなくなったら売り払えば土地値は残りますから、その売れたお金で新しいアパートな
りマンションなり買います。


中古アパートを買ってリフォームして満室にして、それを担保にして銀行から金を引っ張って次の物件を買ってっ
てやっていくとほとんど自己資金は必要ないんですね。これが。


ただ、最初に手を付けようとした時にやらなきゃいけない事は死ぬほど物件を見る事でしょうか。

私は元々の商売柄、物件を見る目は肥えてると自負してます。

ただ、素人の人が安易に不動産物件に手を出すと痛い目を見る事もありますから注意が必要です。

後は流動性を求めるんだったらやめといた方が無難です。

要は安く買って高く売ろうという事を考えると確実に死ねます(笑)


私は不動産というのは流動性を求めるよりも所有して回転させる事に意味があると思っているので安く買って高く
売ろうという事は一切考えません。


その部分に手を出して、東京湾の底でお魚さんとデーとしてる不動産屋の社長を何人も見てきてます(笑)


今は百年に一度の経済危機だと騒いでいますが、賃貸用の物件を買って運用しようと考えている人に取っては百年
に一度のチャンスだと思います。


不動産の価格は持ち直しつつあるという話もありますが、それは大都市圏の流動性の高い物件の話で首都圏でも、
中心から離れると未だに惨憺たるものです。


ところがこの状況が千載一遇のチャンスだという事を理解している人は理解して一生懸命、銀行から借金をしてア
パートを買いあさってます。


お金って回さないと次のお金を生まないと思うんですよね。


お金を貯めるって行為はすごく大事だと思いますが、貯めた物って使うとなくなっちゃいます。

確かに現金が手元にあるというのは心強い事なんですが、貯めてるお金ってそれ以上でもなければそれ以下でもな
いですし。100万円は100万円です。


でも、100万円を頭金にして1500万円の中古マンションを買って月10万円で賃貸すると

月の支払いが約5万円。

収入10万円から支払いの5万円を引くと月5万円の収入。


年間にすると60万円。

35年で2100万円弱。

支払いが終わった段階で2100万円の利益とマンションが残る。

これはものすごく単純な計算なんでここまでうまく行かない場合もあります。

でも、頭金を100万円持ってればこういうポートフォリオを組む事も可能だって話です。


今時、100万円の価値なんて大したことありません。

が、100万円からだって資産形成をする事は十分、可能だって話です。



今まで4000万出しても買えなかった投資用物件が半額でも売れないという状況を昔の仕事仲間から耳にします。で、あれば買わない手はないと思います。


百年に一度の経済危機は百年に一度のビッグチャンス



これです(笑)

なんの話をしてるんでしょうか(苦笑)


---------------------------------------

ちなみにこの記事には若干、穴があって専業トレーダーには銀行はビタ一文たりとも貸してくれません(苦笑)

何故なら「来年も同じだけ収入があるなんて保証はどこにもないから」です。



て事になると最初の物件は先程の記事に書いたように競売で落として買うしかないって話ではあります。


不動産投資に興味のある人は連絡して下さい。
無料でレクチャーします(笑)

嘘です(笑)


あ、このブログの読者の中に、土地持ちの方がいらっしゃるかどうかは知りませんが業者に「お持ちの土地にアパ
ート建てませんか?」って言われても絶対に話に乗っちゃダメです。


例えば、東●とかレ●パレスと大●建託とか。


以前、知り合いに相談された事があって大●建託の出してきた収支計算書なるものを見ましたが、目が点になるほ
ど驚きました。

というのは入居率を常に100%で計算していて回っていく計算でした。

今時、入居率100%なんてアパートなんてあり得ません。

あるとしたらよっぽど駅に近くて家賃が安いとかなにかしらのお得物件だけです。
賃貸の収支を計算する時は入居率は必ず60~70%で計算しないと痛い目を見ます。

こういう賃貸投資の専門業者にダマされて、駅から歩いて25分も掛かる畑のど真ん中にアパートを建てさせられて借金の支払いでヒーヒー言ってる農家のオッさんなんて山ほど知ってます(苦笑)

営業マンの「お客様の事を考えて」なんて言葉を信じちゃいけません。

彼らは建てる事だけに意義があって建てさせて金を回収した後は、うまく行こうが失敗しようが関係ありません。

もちろん賃貸管理という部門も持ってる訳で建てさせて管理を委託されれば二重にウマウマな訳ですが、賃貸管理
に回った時点でなんだかんだと理屈をこねられて家賃を下げさせられるなんて日常茶飯事です。

注意しましょう。




しかし、これ、実は今から5年ほど前に書いた記事なんですが、考えてる事が今とちっとも変わってなくて我なが
らちっとも成長してねぇなぁと笑ってしまいました(笑)


しかし、まぁこれは一体なんのブログだ?(苦笑)






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 
関連記事

FX SOCについて思う事

私がSOCというクローズドフォーラムをやっているのはこの記事の上で告知していますから読んでいただければと思います。

で、このSOCに関しては結構、心ない誹謗中傷を受けたりしました。

曰く「どうせ金儲けの為だろ?」
曰く「偉そうに何様のつもりだ」

とかとか。


私、結構、チキンハートだったりするんで地味に傷ついたりもしました(苦笑)
まぁ、別に人になんと言われようとどうでもいいっちゃいいんですが悩んだのは確かです。


私がいくら


「専業トレーダーを育ててみたい」
「自分が必死で作ったモノを残したい」


と言ってみたところで色眼鏡で見る人は必ずいますし、そういう人にいくらどう力説してみたところで最初から批
判的な目で見られている訳でどうにもなりません。

「じゃあ、ボランティアでやれよ」

って声も聞こえてきそうですが、私は本気で考えている人しか相手にしたくはありません。


一時期、ボランティアに近い形でやっていた事がありますが、自分で調べるという事を一際せずに全ては人任せ、
うまく行けば自分の手柄、失敗すれば人のせいという人が信じられない位いました。



だって為替の専業でやりたいと思ってる人が

「移動平均線ってなんですか?」

って聞いてくるんですよ?(苦笑)


移動平均線ってなんですか?って聞いてきながら「専業で生きて行きたい」って言われても「この人は本気で言っ
てるんだろうか?」って思った事も数限りなくありました。


そんな


「一見、やる気がある様には見えるけど、自分で積極的に動く事をせず全て他人にオンブで抱っこ」
「どうせタダだから、イヤになったらやめればいい」 


という人があまりにも多くて嫌気がさした事がありました。

正直、そういう人に真摯に対応する事はあまりにもバカバカしいですし、自分が掛けた労力に対してなんの感謝も受けられないという事にも悩んだ時期もありました。

当然、ボランティアというのは『無償の行為』であるべきです。


しかし、無償であったとしてもその無償の行為を受けた側が「やってくれて当然」と思うのは筋が違うと思ってい
たりします。

もちろん相手に対して感謝を求めないのがボランティアの本筋たる部分ですから、そういう意味では私にはボランティア精神がないと言っていいのかも知れません。

ただ、実際、「やってくれて当然」というスタンスで来られるとどうにもウンザリしたのも事実です。

だからこそ「本気で考えている人」を相手にしたいと思っていたりします。


そんな過程を経て、それでも自分の作ったモノを残したいという思いと専業トレーダーを育ててみたいという思いをなんとかかなえてみたいという事で、ある方に相談しながらやり始めたというのがSOCを始めた経緯です。




こういう風に書くとまた批判を受けそうですが、これは私が考えているホントのところです。


まぁ、批判を受けようがなにをどう言われようと私は私がいいと思う道を進むだけですし、人からなにを言われよ
うと私を信じてついてきてくれている人が一人でもいる限り、自分の責任を果たそうと思っています。



ちなみにSOCに関しては基本的に実際にお会いして、面と向かってお話しするようにしています。
流石に海外や超遠方という事になりとどうにもなりませんが、参加者の方と打ち合わせをさせていただいて、実際
にお会いして「あ、軒下のネコってのはこんな男なんだ」と分かって貰うようにしています。

SOCに興味のある方はSOCあれこれというカテゴリに少しではありますが記事をUPしてありますので参照下
さい。

百聞は一見胃にしかずっていいますし。



なんか変な宣伝みたいになっちゃいました(苦笑)






おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

関連記事

FX 専業トレーダーの副業はなにがおすすめ?

専業トレーダーの副業について書いてみます。

専業トレーダーとは書いてますが、実際はサラリーマンの方でもOKだと思います(笑)


専業トレーダーが副業を持つ事に関しては私は「できれば持った方がいい」というスタンスではなく「絶対に持て」
というスタンスです。

副業があるとないとでは大違いですし、副業がある事で気持ちに余裕が出てくる部分もあると思います。

で、副業ってなにすんだ?って部分があったりしますが私のお勧めはズバリ、不動産投資です。


「なに?土地を買って売り買いすんのか?」

って事じゃありません。

そんなもん不動産業者じゃあるまいにできる訳がありません。
大体、自分で売り買いするためには不動産業の宅地建物取引業免許ってのが必要なのでできません。

ではどうするかって話ですが、狙い目は「競売物件を買って賃貸に出して家賃収入を得る」ってやり方です。


不動産競売物件情報サイト

上に書いたURLは競売物件の情報サイトです。

この中のどこでもいいので競売物件ってのを見てみると200万台や300万台の競売物件がゴロゴロと転がってま
す。

要はこの物件を買って、賃貸に回して家賃収入を得ましょうって事です。

ただ、注意しないと行けないのはなんでもかんでも買えばいいって事じゃない事。

競売物件を買う際の注意点を上げておきます。



まずは物件を見る際の注意点。

■ 駅からの距離

マンションやアパートの競売物件を購入しようとする場合は、駅からの距離というのは必須条件です。
駅からの距離はマンション、アパートの場合はできれば10分以内が理想です。
ギリギリ行っても15分まで。

理由はマンション、アパートを借りる人の場合、徒歩距離で10分以内というのを希望する人がほとんどだからです。

戸建ての場合は、あまり拘る必要はありませんができれば、20分圏内を探すのが理想だと思います。

戸建ての場合、不動産賃貸市場に絶対的に数が少ないために戸建てを借りたいという人は少々、駅から遠くてもあ
まり気にしない傾向にある為です。



■ 築年数

アパートやマンションの場合は築20年以内くらいが理想。
また、マンションの場合は、修繕計画がしっかりしている事が必要。また、過去に実施された修繕の履歴を確認し
、キチンと管理がされている事を確認する事。

ちなみにマンションなんかの管理状態を見るためには一階のエントランスにある集合ポスト周りを見るのが一番、
簡単です。

集合ポスト周りにチラシやらが散乱しているようだと×
管理状態がよくないと判断できます。

アパートの場合はできれば10年から15年以内くらいが理想。
あまり古いアパートだと設備が老朽化しておりメンテナンスに手間がかかります。


戸建ての場合もできれば20年以内が理想。
まぁ、理想ではありますが、あまり拘る必要はありません。


■ 広さ

戸建ての場合は拘る必要はありません。
大体、戸建てで建坪10坪しかありませんなんていう物件はありません。

マンション、アパートのの場合はできればワンルームは避ける事。
理由はワンルームの場合は借りる人の移り変わりが激しく、入居率の変動が大きすぎて収入が安定しないのが一番
の理由です。

できればファミリータイプのアパート・マンションがお勧めです。

理由はワンルームと逆でファミリーの場合は子供の入学などに合わせて移動する傾向が強く、ある程度長い入居が
期待できる為です。


物件を選ぶ際の注意点はこんな所でしょうか。



次に競売物件を買う際の注意点



■ 必ず競落できるとは限らない。

競売ってのは読んで字の如しでいわゆる、オークションです。
入札させて一番、高い価格をつけた人が落とせるシステムですから必ず落とせるとは限りません。

また、競売は不動産業者との競り合いになりますから、プロと競争する訳です。

ただ、不動産会社はプロではありますが、彼らの弱点はその物件を買って転売しなきゃいけないという部分が彼ら
の弱点でもあります。

例えば500万の競売価格の物件があったとします。


不動産会社は相場を調べて1300万で売れると踏みます。

不動産を買う際には当然、税金や登記費用が掛かります。また利益を200万とすると税金や利益分を全部まとめると250万はどうしても必要になります。

すると

相場 1300万 ー 必要経費 250万 = 1050万

が不動産会社の入札金額になります。


対して賃貸に出そうとするこちらとしては利益なんか考える必要がない訳で相場が1300万なら1300万でも
構わない訳です。

そういう意味では利益を考えなければいけない不動産業者に比べて、素人の方が有利という場面はしょっちゅう出
てきたりします。

まぁ、競売価格500万の物件を1300万で買う人間はいませんので一例です。



■ 保証金が必要。

入札の際には競売価格の20%の保証金が必要になります。
落札できなければ戻ってきます。

落札すると入札金額に充当されます。



■ 物件の中は見られない。

これは非常に大事です。

競売物件というのは中を見る事が基本的にはできません。

理由としては占有者がいるとかいう理由はありますが、場合によってはできない事もありませんができないと考えていた方がいいと思います。

なので、落札してお金を払って中を見にいったらぐちゃぐちゃという事もあります。

また、訳の分からない権利関係がいろいろついてたりする事がありますが、この場合は裁判所にその物件の物件概要書
というものがありますからその辺を見れば一目瞭然でわかります。



■ 専有者がいる場合がある。

占有者ってのは要は前の住人がいるって事です。
これが一番、やっかいだっりします。

前の住人ってのは基本的に売りたくて売った訳ではありませんから、物件の引き渡しの際にトラブルになったりする事
があります。

昔は、裁判所に申し立てて手続きをしないといけないなんていう面倒な事もあったりしましたが、最近は法律が変わって法的な手続きも簡素化されてますからそれほど面倒ではないと思います。

不動産業者なんかの場合、面倒なんで追い出し料として引っ越し代くらいを渡すケースもあったりします。



■ 不動産の知識が必要。

不動産競売というのはそれ程、難しいモノではありません。
だからといって不動産の知識が全く必要ないか?というとないと困る場面も出てきます。

例えば道路付け。

道路付けってのは、建築基準法という法律で「建築しようとする土地の前面道路は幅4m以上の道路に2m以上、接し
ていなければならない」という既定があります。

この条件を知らずに買って建て替えようとしたら道路付けがダメで再建築不可なんて話もあります。

まぁ、一番、簡単なのは物件概要書ってのを見て、市役所やらに行って「この土地、なにか問題がありますか?」って聞くのが一番早いです。

そうすれば親切丁寧に教えてくれます。







ってまぁ、こんな所でしょうか?

専業トレードの副業って話から話が変な方向に行きました。

何のブログだよって感じです(苦笑)







おきてがみ


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

関連記事
NEXT≫
ランキング参加中
おきてがみ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

 
semina.jpg

無料レポートを差し上げます。詳しくは上記のバナーをクリックを。

スポンサードリンク
免責事項
当サイト上で、掲載されている内容、情報についての正確性、有用性は一切保証しておりません。 また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じた如何なる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。
15分足トレード手法の販売


15分足手法の詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
個別コンサルティングの詳細はバナーをクリックして下さい。

semina.jpg
SOCについての詳細はバナーをクリックして下さい。
更新情報をお知らせします
follow us in feedly
最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。